暖かい部屋でぬくぬくバカンスを過ごしている時にフランス生活に充足感を感じるよね

暖房

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

ただいま絶賛弛緩状態で家でまったりすごしております。

フランスに移住して良かったな〜としみじみ思うのは緊張と弛緩を繰り返すリズム感!

2018.12.26

フランスに限らず、ヨーロッパの家って暖房に優れています。アパートなどは集中暖房でどの部屋も暖かというのが多いです。そして床暖房もおそらく標準搭載。

我が家もこのタイプで、冬は暖かです。

部屋の移動をしても、トイレも浴室でも常に暖かいので、本当に体が楽です。

朝起きるのもすごく楽です。

日本の家って、最近の家は違うかもしれませんが、冬は隙間風が入って寒いですよね。特に、トイレや浴室。

あれではヒートショックで死亡する人が多くなってしまうと思います。

フランスは冬でも晴れていて風のない日は、気温が低くてもそれほど寒くは感じません。

むしろ、空気がピーンとしていて、日差しが暖かで、気分がシャッキっとします。

特に、クリスマス後のこの時期、街は人出や車が少なくて、いつもよりも空気が綺麗なような気がします。

こういう時は、家でぬくぬくして、気分転換に暖かい日差しの中散歩でもして冷たい空気にあたってシャキッとして帰ってまた家でお茶を飲んだり。

お天気が良くてこんな風に過ごしている時、なんだかとても充実しているって感じます。

皆様もよいお正月をお迎えください。

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。