フランスの小学校の給食に行くのをやめた効用!2時間15分もある昼休みを有効活用してみる

お昼ごはん

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

頭にくることがあって学校給食を週2回に減らした、という話について昨日書きました。

子供がお昼は家で食べたいと言い出したからフランスの学校給食をやめた理由とは!?

2017.02.09

 

お昼の準備と送り迎えは大変ですけれど、結構いいこともあるということに気がつきました。

 

フランスの給食 2時間15分もあるお昼休みの過ごし方

読書量が増える

うちの子は、放っておくと本を読んでいるタイプ。お昼も帰ってきてから食べ始めるまで、そして、食べ終わってから学校に行くまでの時間で読書をするので、読書量が増えました。お昼だけで約1時間読みます。

 

ゆっくり食事しながら親子の会話

朝は忙しいし、夜は宿題をやったり家庭学習をやったり、と余裕がありませんが、昼は意外と気持ちにのんびりと余裕があることがわかりました。ゆっくり会話をしながらお昼ご飯を食べることができます。ついでに、学校の話を詳しく聞くこともできます。

 

節約

セコいようですが、給食費が二分の一に減りました。年間600ユーロほど浮きました。根っからの貧乏症なのです、私。

 

家庭学習を片付ける

我が家では、朝の登校前に家庭学習をしています。日によっては朝のうちに終わらないこともあるので、夕方持ち越しになっていましたが、お昼ご飯の後に片付けると、夕方に余裕が出ます。

子供に家庭学習の習慣がついていればどこに海外移住しても大丈夫!

2017.09.25

 

手洗いうがいで風邪予防

特に冬場は、風邪やガストロをもらいやすいですから、一度家に帰って石鹸で手を洗ってうがい薬でうがいすることによって、風邪予防にもなるはずです。それでも、もらってくるときはもらってきますが。寒い時期には念を入れて鼻も洗います。

鼻を洗うフランス人、うがいをする日本人

2017.01.30

 

歯磨きの習慣

日本の小学校では、学校に歯ブラシを持って行って給食の後に歯を磨くと聞いたことがあります。フランスの小学校では歯磨きの時間はありません。昼間家に帰ってくると、午後の授業に行く前に歯磨きをすることができるので、「本当は毎食後磨くんだよ」と教えることができます。

 

食べ方の注意

うちの子がいうには、学校の給食室では、子供達のおしゃべりの声や、係りの大人が怒っている声や、食事をするときの音などで、とても騒々しいそうです。

 

そんな中で食事をすると、食器をカチカチ鳴らしながら食べても全く気にならないそうです。むしろ、みんなやっているからそうやって食べても大丈夫!と思ってしまうらしく、うちの子も食器をカチカチ鳴らしながら食べる悪い癖が付いていました。

 

家で食べていると「食器の音を鳴らさないようにね!」と注意して、食べ方をよくすることができました。

 

事故を防げる

特に子供が小さいときは、目の届かない学校に滞在する時間が短ければ短いほど、学校での事故を防げる可能性が高まります。転んで怪我をしたならまだしも、上級生に押されて倒された、ということもありましたから、そういう心配も減ります。

 

まとめ

お昼に一旦家に戻ってくると、午前中疲れた頭を一旦リセットすることもできるらしく、総じて子供のストレスが減ったように感じます。夕方の疲れ方が違います。

 

子供は、「毎日家で食べたい!給食は騒々しくて疲れる!」と言います。

 

フランスの学校では、給食を食べ終えたからといって、教室に入って気の合う友達とおしゃべりするとか、一人静かに読書をする、なんてことはできません。昼休みや休憩時間は、先生が教室に鍵をかけるので、子供達は校庭に出なくてはなりません

 

いくら外遊びが楽しいとはいえ、休憩時間のたびに1日に何度も外に出なくてはならず、特にお昼を食べ終わってからの休み時間は長いですから、それはそれでストレスになるようです。

 

お子さんの性格にもよりますが、特に、フランスに来て間もなくて言葉がわからなかったり、休み時間は静かに過ごしたい傾向のお子さんの場合、2時間15分のお昼休みを学校で過ごすのはストレスのかかることだと思います。

フランスの小学校の昼休みは2時間15分も!給食はどのようなシステムになっているの?

2016.12.06

とはいえ、お昼の送り迎えはやはり面倒です!このようなメリットがあるから!という一心で、送り迎えを頑張ります。

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。