ゆるいフランスで子育てして良かったこと

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

フランス生活にはもう目新しいことが無く、このブログでは書くことがなくなって来たので、最近は本音を書くことにしています。

日本に比べるとゆるいところだらけのフランスの学校。習ってくることは少ないけれど、縁あってこういう環境で子育てしてみて本当に良かった!と思えることがあります。

それは、子供にあれこれとうるさく言わないでいられるようになったことです。

私の性格上、きっと日本で子育てをしていたら、微に入り細に入り「きちんとしろ」「ちゃんとしろ」と指導していたのではないかと思います。勉強に関しても相当うるさく口出ししていたと思います。

しかし、前の記事でも書きましたが、普通にしているだけで優秀な方に入れるので、頑張って勉強させる必要もなかったし、普通にしているだけで「きちんと、ちゃんとしろ」と言わなくても周りに比べるとしっかりしている方に入るので、口うるさく言う必要がなくなったのです。

また、そのような状況の中、自分の中でも、「ある程度いい加減でもいいや」と思えたのもあります。

きっと日本で子育てをしていたら、受験や英語学習など、躍起になっていたと思います。子供の性格からすると、日本の受験勉強でも成果を出せたと思いますが、親の私の方が疲弊していただろうと思います。

英語に関してはまだまだですが、フランス語ができると英語を身につけるのも早いということがわかってきたので、特に焦らずに学校の授業に任せておくことができています。

前記事の繰り返しになりますが、普通にしているだけで優秀層に入れるのは本当に楽です。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子供が小さい時にフランスに教育目的で移住。やっと子育てほぼ終了。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次