テロにコロナに戦争。それでも海外移住を続けているのは相当のガチ勢ではなかろうか

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

新型コロナ蔓延による一番最初のロックダウンが始まったのが、2年前の今頃。

外国人家族がちゃんと医療を受けられるのか、日本行きの飛行機は飛ばないのか、ワクチンはいつから打てるのか、ワクチンの安全性は?心配事がありすぎて、この2年の記憶があまりありません。コロナ前の生活様式を思い出せなくなっています。

この間は、滞在許可の更新でさえ、期限が切れてしまったり、提出方法が変わったりで大変だったと聞いています。

この間、複数人の日本人が日本にお帰りになりました。気持ちはとてもわかります。我が家もかなり迷いました。

その前には、フランスやその周辺国ではテロの脅威にさらされていました。子供が、小学校でテロ対策の防犯訓練を受けているのをなんとも言えない気持ちで見ていました。

そして、今のウクライナでの戦争。

知人の一人は、「核戦争が怖い」という理由で日本に本帰国されました。

世界中に移住している日本人がいると思いますが、今なお継続しているのは、かなりのガチ勢なのではないでしょうか?とどなたかが書かれていました。

私達もいつの間にかガチ勢入りしたようです。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フランスに教育目的で移住して10年超。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次
閉じる