バイリンガルや多様性を目指す海外移住だと次第に意義を見出せなくなるのではないか 海外移住クライシス

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

海外へ移住して間がないときには、いつになったら子供はバイリンガルになるのだろう?と毎日毎日考え続けてしまいます。

しかし、子供というのは日に日に成長し、毎日のように幼稚園や学校に通っているのですから、よほど子供が現地に不適合を示さない限り、

3年もすればバイリンガルになってきます。

子供がバイリンガルになると、それが日常となり、あれほどまでに「自分の子供が外国語をペラペラ喋ってバイリンガルになったら、親としてどんな気分になるのだろうか?きっとめちゃくちゃ嬉しいに違いない!」と毎日妄想していたのが嘘のように

特になんとも思わなくなります。

自分でもびっくりですが、あまりに日常なので、本当になんとも思いません。

多様性に対する寛容性を身につける、というのも、数年もすれば身に付きます。

というわけで、3、4年もすれば、当初の目標をクリアしてしまいます。

ここからが、海外移住の意義との戦いです。

大きな目的を果たしてしまったので、もうこの国にい続ける意味を見出せなくなってきます。海外移住クライシスとでも名付けましょうか。我が家も一時期そんな気分に襲われました。

そこで、別の目的が必要となります。

例えば、別の外国語(第3カ国語目)を取得すること。これも、居住国によっては、日常かもしれません。

フランスに移住した我が家の場合は、子供が中学に入ってから英語を本格的に勉強し始めたので、第3カ国語目としての英語の取得も目的に入ってきました。

そして、音楽もやっているので、フランスの公的音楽学校システムで、音楽教育も堪能させてもらっています。こちらはまだまだこれからたくさん勉強させてもらえそうなので、長逗留のかなり高いモチベーションにもなっています。

そして、最終的にはフランスでバカロレアの取得です。IB(国際バカロレア)ではありません。本家本元のフランスのバカロレアです。

ここまでくれば、きっとやり切った!!!感を持って、海外教育移住の完了とすることができるような気がしています。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フランスに教育目的で移住して10年超。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次
閉じる