勉強ができない人は徐々に振り落とされていくフランスの制度で見えてきたフランス教育移住の道すじ

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

フランスでは学習の速度が日本に比べるととても遅いので、日本の学部卒がフランスでは修士課程修了くらいに値すると書きました。

また、学校に通うのにお金がかからないので、学ぶ気と学力があればマスターやドクターに学費の心配をせずに進学できます。

日本人の感覚からすると、みんなが高学歴になれそうな気がします。

しかし、実際にはその過程で、たくさんの人々が徐々に振り落とされていきます。勉強しない人、勉強が不得意な人は、小中高と進むにつれ、振り落とされていきます。ずっと勉強を強要されることもなく、気づいた時には埋められない差ができていて、反論する機会もなく労働者になるしかない、そんな感じです。

職人になりたい人は、中学を卒業したら手に職系の学校に行きます。普通高校に進学しても、ついていけないと手に職系の学校に転校したりと方向転換を迫られます。

大学に入っても、毎年多くの学生が進級できずにいなくなります。

こんな感じなので、あまり教育を受けてこなかった大人がたくさんいます。その結果、針の時計が読めなかったり、郵便が届かなかったり、注文の品が発注されていなかったり、返品処理をカスタマーセンターに連絡しても全く要領を得ずにトンチンカンな伝票を送りつけてくるような労働者が大量発生して、生活自体が不便極まりない状態になるのです。

本当に面倒臭い。

何も、勉強ができればいいってものではありません。勉強ができなくても、心の優しい人はいるし、平和を愛する人もたくさんいます。職人になるなら、早いうちから修行をすれば早くから働けるようになります。

日本は便利で快適です。それは、よくも悪くもの「できるもできないも一斉に反復訓練する」みたいな教育の賜物だと思います。

何が言いたいのかというと、やっぱり勉強はある程度したほうがいいと思う。それと、フランス生活も長くなると結局、いろんな人がい過ぎて訳がわからないから、自分と気の合う、同じような階層の人と付き合うのが一番、それ以外は興味ない、と頑なに自分の生活範囲を固定してしまうようになります。

子供も、幼稚園や小学校の時には、さまざまなお子さんと仲良くなっていました。中には、「なんで?」と思うようなご家庭のお子さんと仲良くなっていることもありました(ごめんなさいね)。しかし、親としては何も言わずに見守っていました。大きくなると、自分と似たような友達と仲良くなり、長続きしています。

フランスでの生活ってこんな感じです。安くて美味しいものを買って自炊して、バカンスを楽しみにしながら、余計なことをせずに淡々と生活するだけ。本当に、地味です。

子供はだいぶ大きくなり、学校では普通にフランス語で生活しています。あとは日本人的に普通に真面目にしているだけでどうにかなります(フランス語に問題がなければ)。

また最終的な結果が出たわけではありませんが、大まかな最終形は見えてきました。あとは健康にきをつけて、淡々と生活するだけです。子供がもう少し大きくなれば、私たち親は日本に戻ります。

これが、我が家が辿り着いたフランス教育移住の最終形だな、って最近しみじみ感じます。日本を飛び出してみて本当によかった。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子供が小さい時にフランスに教育目的で移住。やっと子育てほぼ終了。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次