日本で弦楽器を購入すると西欧の何倍する?フランスで弦楽器を購入する方法

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

先日、noteで、フランスにおける弦楽器購入に関する記事を投稿しました。

note(ノート)
日本の弦楽器工房に楽器を持ち込んだら|渋柿@『フランスふだんくらし』|note 只今、日本へ一時帰国中です。 先日、子供の楽器(フルサイズ)を工房に持ち込んで調整してもらいました。 いつもは、フランスの自宅近くの工房で調整してもらうのですが...

要は、フランスでは購入希望の楽器を1週間程度借りることができて、その間に自宅の練習に使ったり、レッスンに持っていって先生に試してもらったり、納得してから購入することができるということです。

実は、購入前には、日本で買うのとフランスをはじめ西欧で同じ楽器がどのくらい値段に差があるのか、ドイツの楽器店のホームページを軸に独自に調べました。

大体ですけど、イタリアの楽器は日本に入ってくると2.5倍から3倍に跳ね上がるようです。そのほかの西欧の楽器は2倍ほどのようでした。

目次

海外旅行がてらフランスで弦楽器を買うには?

お店や工房で試奏してそのまま購入するのであれば、現金を持っているか、またはお店の支払い方法に対応できれば可能と思います。カード払いができれば楽ですね。個人の小さい工房だと、カード払いには対応していないかもしれません。小切手なら使えると思います。

一旦借りて、さまざまな場所で試奏してから購入したい場合は、フランスの銀行が発行する小切手があれば可能だと思います。なぜなら、楽器を借りるときに小切手と引き換えにする必要があるからです。

また、一見さんの場合は怪しまれるといけないので、通訳を連れてコミュニケーションに支障がないようにした方が賢明です。電話で予約も取っておきましょう。

そのお店と懇意にしている先生かプロオケの団員からの紹介があると完璧です。よく利用している生徒からの紹介でもいいと思います。

特に、高価な楽器を購入検討、試奏したい場合は、フランス語のできない一見さんだと怪しまれると、高価な楽器は「無い」と言われてしまうかもしれません。

また、入門者用、中級者用くらいの楽器はどの楽器店や工房にも置いてあると思いますが、高価な楽器になると、どの楽器店にも置いてあるわけではありません。電話で在庫を確認してから伺うといいと思います。

とにかく、一元さんの場合は、相手に怪しまれないこと、安全な人間だと思ってもらえることが重要です。そのために、紹介があれば安心度は爆上がりしますし、なければ通訳を連れてコミュニケーションに困らないようにしているだけでも熱意は伝わります。相手に怪しまれないために、また、じっくり試奏させてもらうには、予約も必須です。

まとめ

日本の弦楽器工房の職人さんとお話ししたところ、日本にはいい楽器がなかなか入ってこないとのこと。

欧州から見ると、日本は極東です。遠すぎてこれも仕方がないと思います。

コロナ禍が開けたら、海外旅行がてらヨーロッパで弦楽器を購入してみるのも楽しいかもしれません。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フランスに教育目的で移住して10年超。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次
閉じる