日本人の真面目さは海外では脅威 普通にしているだけで頭ひとつ抜きん出る

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

前回に引き続き、そろそろこのブログでも書くことがなくなって来たので、本音を出していきます。

さて、フランスで細く長く生きながらえてきた我が家。子供が学校生活を送る年月で確信したことがあります。

それは、フランスでは日本人が普通に真面目にしているだけで優秀な生徒になれる、ということです。

日本ではみんなが一斉に塾に行ったり、大量の宿題をこなしたりして努力して勉強しますから、日本の学校で優秀な方に入るにはかなりの努力が必要です。

そのために、受験期に入る前には習い事を整理したりします。せっかく頑張っていたスポーツや芸術もこれにて終了です。塾に通って持てる時間のほとんどを勉強に費やします。

しかし、日本ではそれでも優秀な方に入るのは難しいです。

フランスでは、学校で習うことがとても少ないのと、ほとんどの生徒が勉強をしないので(もしくはやる気がない)、普通にしているだけで成績トップになります。

この「普通」という行為ですが、日本で育ってきた日本人なら、普通に身についている普通さです。

普通に授業を聞いて、普通に宿題をする。これだけ。宿題も5分で終わる程度しか出ませんから楽勝です。

何年か前ですが、日仏カップルで小学校に入ったばかりのお子さんがいる、という方とお話ししました。その方に「お子さんをフランスの学校に通わせていてよかったと思う点は?」と聞かれたので、「フランスでは勉強しないのが当たり前のようなので、普通にしているだけで優秀な方に入れるから楽です」と答えたところ、ぽかんとされてしまいました。直球過ぎましたかね。

もちろん、意識高い親御さんもいます。家でも勉強している生徒もいると思います。しかし、小学校や中学校の間は日本に比べるとかなり少ないです。受験もないですから、本当に勉強をしなくても中学までは卒業できます。

簡単に優秀な方に入れるので、自己肯定力も育みやすいです。しかも、勉強に時間を取られないので、習い事のスポーツや芸術の時間も取ることができます。

ただ普通にしているだけでこれですから、諸外国の人にとって日本人の気質は脅威だと思います。

我が子がこうだからと言っているわけではありません。長年観察していると、日本人を親に持つお子さんは普通にしていて優秀な方に入るお子さんが多いです。そして、高校以降に優秀な生徒の集まる学校に進学します。

実際に、こんなことがありました。とある移民の友達と日本の話になった時のこと。彼女の子供が通う高校に片親が日本人の子供がいるそうで、勉強もスポーツもトップオブトップだそうです。知ってる?と聞かれました。もちろん知っていますよ。移民はもちろん、学校内のフランス人なども含めてトップオブトップの意味です。彼女はうちの子供のことも知っているので、日本人イコール優秀という図式があるようです。

こんな感じでゆるゆるに育ってきても大学を卒業したら、フランスでも皆日本と同じ「学士」になれます。行き着くところは同じです。

結局のところ、高校までの学力というのは、大学での学問を遂行できるだけの基礎学力があれば良いのではないでしょうか。

というわけで、海外移住をして戦う場所を変えると、全然違うものが見えます。否、もはや「戦っている」という意識すらありません。普通にしているだけですから。

おとなしくて真面目で優秀。こんな民族世界ひろしといえど、日本人くらいではないかなと思います。もっと誇りを持っても良いのではないでしょうか。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子供が小さい時にフランスに教育目的で移住。やっと子育てほぼ終了。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次