自分の子育て自慢をするのは悪いことなのかしら?子供自慢に関する日仏の違い

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

先日、在仏日本人が「付き合いのあるフランス人に自分の子供の功績を暴露して自分の立場を改善したい、でもできない。子供の自慢をするような親にだけはなりたくないからできない!」と言っているのを聞きました。

日本では、自分の子供が東大に入った!とか、医者になった!とか、自慢するのは「自分が入ったわけでもないのに、子供の自慢するなんて、恥知らず!」「子供の功績を自分の功績と勘違いしている痛い親!」というふうに見なされがちです。

優秀な子供を持つ親御さんを褒め称えるのも、おかしい、変だ!となりますよね。

でも、これってフランスではちょっと違うのでは?と思いましたので記事にします。

目次

フランスでは子供の功績は親の功績でもあると認めてる?

私も、日本で生活していたときには、自慢はだめ、子供の自慢なんて絶対に駄目、してはならないはしたないこと、くらいに思っていました。日本人の多くが、同じように思い込んでいると思います。しかし、フランスで生活していて考えが変わってきました。

フランスでは、子供の功績をさらりと言う親が結構いると気付いたのです。医学部に行った、グランゼコールに行った、ということはもちろん、CRRの上級課程にいるとか卒業したとか、どこの高校に通っている(高校は住んでいる住所で決まるだけ)、など、あまりすごくはないことまで、こちらが聞いてもいないのに言ってきます。不思議でした。

さらに、不思議だったことがあります。我が家の子供は学校関係で成績が良いのですが、その生徒の母親!ということで、学校関係者や保護者を中心に、丁寧に接してくれるフランス人が結構いるのです。最初は、なぜなのかすら分かりませんでした。行政関係ではただの望まれない移民としてひどい扱いをされてトラウマになっているので、尚更そのギャップに驚きます。先生に用事があって話しかけようとすると、あの生徒の親が来た!みたいにかしこまられてしまう時があってこちらが驚くことがあります。私まで、しっかりしている親と勘違いされているようで、困ったなあ、やりにくいなあとも思ったことがあります。

さらに不思議なことは、こちらが特にすごいと思っていないことでも、おっ!と思ってくれるらしく、扱いが丁寧に変わることがあります。

念のために言っておきますが、子供の自慢がしたくてこの話をしているのではありません。フランスでは、子供の功績について日本と違ったこういう現象があって戸惑う、ということを紹介しているだけです。

こういう現象に遭遇するうちに、フランスでは子供の功績は親の功績、だから子供の功績を自慢しても良い!少しの差でも、他の多数と比べて良ければものすごくすごいこと!と思っても良い。むしろそういうもの。という文化なのではないかな!?!?と思うようになりました。多分当たってます。

つまり、私はフランスには「子供の功績は親の努力の賜物でもある、そこを素直に認める」という文化があるのかな、と捉えています。

これって好ましいと思います。だって、ほとんどの場合が事実だから。

もちろん、自慢ばっかりしていては煙たがられると思います。大したことでなければ尚更です。しかし、自分の子供の功績について言っても良い文脈や状況であって、自分の立場が良くなって立ち回りやすくなるのであれば、言っても良いのではないでしょうか。むしろ、言った方が無駄な攻撃されなくなるのであれば、積極的に言ってみて攻撃をかわす方が身のためでもあります。

そんなふうに思うようになって以来、戦略的に子供の功績をフランス人相手に伝えることをするようになりました。だって、生きやすくなるから。

自分の専門や夫の職業も

日本では、自分の専門や配偶者の職業に関しても同様で、ただの情報提供として言っているだけでも一言でも言えば「マウント取ってる」「夫の功績を自分の功績としている痛い妻」と言われてしまいます。

しかし私は、子供の功績と同様に、これらもフランスでは戦略的に相手に伝えることもあります。なぜなら、私たち移民ですから、「未開な野蛮人」と思われると厄介なのです。だから、舐められないようにするためにわざわざ相手に伝えることはあります。

有色人は未開な野蛮人!と思っている人ほど、鳩が豆鉄砲を食らったような顔をします。

もちろん、個人情報を開示して、相手と親しくなりたいときは、そんな腹黒いことは考えていません。それに、日本人界隈では日本式に生活しているので、そんなこと一言も言いません(でも知らない間にバレてますが)。

まとめ 日本人は自慢を悪いことだと思い込みすぎている

もちろん、誰彼構わずに子供自慢になることを言うことはありません。あくまでも、戦略的に舐められないために言ってもよい文脈で言うだけです。

自分を含めて日本人は、「自慢」というものは決してしてはならない!!!と思い込みすぎているのではないか、と思います。

しかし、文化の違いでそれが許容されるのであれば、言ってしまって良いと思います。それで自分が攻撃をかわせて生きやすくなるのであれば尚更。

ただでさえ、毎日戦闘態勢なのですから。この手で面倒臭い攻撃を避けられるのなら、簡単なものです。

ただし、相手が自分の子供自慢をしていると気づいたときには、こちらも「おっ!」と言う態度や言葉を使う必要があります。自慢と気づかないようなことを自慢してくる人もいるので、注意が必要なのがめんどくさくもありますが。

例えば、自分の息子は○○高校(地域で評判が良い)に通っている!と自慢する親がたまにいます。公立高校であれば、住所で高校が決まるだけですから、その学区に住んでいるというだけで、全然すごくもなんともないのです。

このビミョーな話、わかる人にはわかると思うのですが。

ただし、本当にすごい人は自分がすごいことを噯にも出さないし、見かけも普通だったりします。ポリテクニシャンは自分からは「自分はポリテクニシャンです」言いません。よほど親しくならないと、教えてもらえません。

ともかく、フランスで本当にすごい人以外での関わり合いの中で、つまり、普通の人たちとの人間関係において「子供の自慢をするような親だけにはなりたくない」と力む必要はないのでは?と思いました。

以下の本は私も読みました。「天才」という言葉を安易に使いすぎていており、鼻持ちならない。こういう本を出すとアンチもたくさん湧いて出ているのでしょうが、読んでみると確かに子育てに参考になることが書かれていると思います。

created by Rinker
ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

A bientôt!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フランスに教育目的で移住して10年超。子供が大きくなった今では渡仏当初の興奮もすっかり冷め、低空飛行の毎日。

目次
閉じる