【コロナ休み】外出制限中の私のためのストレス対策7つ

Bonjour à tous! 渋柿です。

フランス全土がコロナ休み中です。小さなお子さんがいるご家庭は、一日中子供の面倒をみなくてはならなくて大変だと思います。うちのように子供がある程度大きくなっていると、放っておいても大丈夫ですから、2週間くらいなら何とかなるかな、という気がしています。まあ、2週間で外出制限令が解除されればいいのですが。

40年以上生きてきて、自然災害で被災したことはあっても、家に軟禁されるような状態は初めてです。

最初は、三食準備して、家族と四六時中顔を合わすだなんて、普段主婦をしている私には我慢できるのだろうか?と心配でした。

負担を最小限にしないと、すぐに私のストレスが溜まって大爆発するだろうと思ったので、少し対策をしました。

目次

コロナ休みの外出制限中のストレス対策

食事の用意

基本的に、私が用意したタイミング以外では食事できないことにしました。お腹が空いてないから後で〜、とかなしです。

だって、お皿によそったり、片付けを何回も呼ばれるたびにしたくはありませんし、そんなことするために生きてきたんじゃない、って思います。

心底、食事の用意や片付けって、嫌なことだなあと思います。特に、片付けは不毛すぎて直視できません。

食事の内容にケチをつけない

3食のバリエーションなんて考えていられません。物資もいつでも手に入るわけではありません。許可証をもって外出して、並んで買う必要があるのですから。

同じものが続いても、好きなものが食べられなくて、文句言うな、ということです。

洗濯はためてからする

外出の用事が全てなくなったので、「着るものがなくて困る」とか、「少ない洗濯物の方が干すのが楽」ということもありません。時間はあるけど、洗剤がもったいないし、毎日家にいるのだから着るものもそんなに汚れないし。というわけで、なるべくためてから1回で済むようにしています。

やたらと話しかけない

これは、私に対してです。普段は、誰もいない昼間を過ごしているので、いちいち他人に干渉されるとストレスたまるのです。主婦の皆さんはそうではありませんか!?

私が自分の部屋に入っている時には、放っておいてくれ、と言ってあります。

子供の宿題の面倒を見るのは最小限

子供の学校から、メールで宿題の指示がきます。親のメールアドレス宛に来るので、いちいち気になります。結構長い文章なのですよ。ふむふむ、と読んで、最初の2通は私が読んで指示を与えていました。

しかし、メールをプリントして子供に手渡して、自分で読んで勝手にやっておくようにいいました。わからないところがあったら、一緒に読んで解読してあげようとは思っていますが、基本的には本人の問題なのでね

こういうの、アドラー心理学では「課題の分離」というのでした。此の期に及んで、いきなり実践してみています。

毎日の勉強を書き出しておいて、午前中に子供が自主的に消化する

学校での授業を受けられない間、フランスの通信教育CNEDを利用して、自宅で勉強を進めておくように、と指示がでています。

うちは利用したことがありませんでしたが、フランスを離れて生活する子供のために、オンラインで授業が受けられるシステムのようです。このCNEDに登録をして、授業を受けておくように、との学校からのお達しがありました。

ところが、フランス全土の子供の親がアクセスする状況ですから、アクセスが飽和状態でサイトが見られない状態です(そりゃそうだわ 笑)。

うちの子供は、普段からスタディサプリで算数や社会の勉強をして、参考書で漢字練習をしているので、それらの学習を全部午前中に終わらせることにしました。

しかし、こども1人では、ポロポロとやり忘れがあるのです。あれやった?これやった?と言う私には早くもストレスがたまりました。

なので、私が言わなくても漏れなくできるように、紙にやることを書き出させて、チェックするように言いました。

家の中でできる運動をする

朝、家族共々テラスで体を動かすことにしました。そんなに広いテラスではないので、一人一人入れ替わりながらですが。朝の冷たい空気は、気持ちがいいものです。そして、午後は、アパートの中の階段を登ったり降りたりしています。

まとめ ストレスたまるよね!

家族が四六時中家で顔を合わせて、外に出たくても出られないという状況は、ストレス溜まりますね。子供がまだ小さかったら?と思うと、ぞっとします。

幸い、我が家は、一人一人に自分の部屋があるので、基本的には自分の部屋にこもって気ままに過ごしてもらっています。そして、日当たりが良いので、普段から一日中家にいても、外に出て陽を浴びないと滅入ってしまう、という感じではありません。

家事を最小限にして、やたらと話しかけられなければ、まあ、普通の日常の昼間と大差ありません。

フランス全土では、不用意な外出に対する罰金に関して、18日だけで、4000件以上あったとのことです。世界状況からしても重要度が最高潮に高く、2週間なのだから、協力したらいいのに、と思いました。こういうのを「個人主義」というのですかね?

日本人家庭の私たちには、理解できませんが。

A bientôt!

↓素敵なブログがたくさんあります。こちらからどうぞ。

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる