もうとっくに来年夏の一時帰国の航空券を予約したよ!子供と二人で1300ユーロ台でした。

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

来年のことを言うと鬼が笑う、と言いますが、来年の話題です。しかも、来年の夏のことです。

渋柿家では、もう夏の一時帰国のための航空券はすでにスカイチケットで予約しました。席も指定しました。

目次

我が家の一時帰国パターン

日本でも滞在先ややることがほとんど決まっているし、フランスではもう生活パターンが決まっているので、何日に帰ろうか?とか、何日に戻ってこようか?とか、あまり考えることなくさっさと決めます。仕事のあるシェリーのことはややこしいので考えません。

見るのは、希望日の前後数日の料金。1日でかなり変動することがあるので、なるべく安いところを狙います。

そして、予約してしまったら決めた日程に従って行動するだけです。その日になったら飛行機に乗って日本に行って、帰る日になったらまた飛行機に乗ってフランスに戻ってくる、と。ほぼ自動的です。シンプルでしょ。

全日空でマイルを貯めているので、全日空に乗ります。このように、選択肢が極端に少なくなっているので、悩むことが少なく、楽です

航空券はいつから予約できるの?

国内線は2ヶ月前、国際線は330日が基準だそうです。

なるべく安くあげたいですから、フランスに戻ってくる予定日の330日前くらいから検索をかけ始めて、エイっ!と取ってしまいます。往復チケットを買うので、復路が基準です。

直前の方が安いとか、数ヶ月前の方が安い、とか、いろいろ意見がありますけど、1年近く前でも十分安く取れます。

後になればもっと安くなるだろう、と待っていて希望の日程が全然取れなかったり、思いの外安くならなかったりということもありますから、日程が決まっていたらさっさと取っちゃうのが良いです。最適解なんてわかりません。

という感じで、スカイチケット来年夏のための航空券を予約したのは、なんと9月25日でした!親子二人で1300ユーロちょっと(163,780円)。まあまあでしょ。

▼来年は、こんなことがないといいのですけどね。

あわせて読みたい
夏の一時帰国の航空券をExpediaで予約後、予約便がキャンセルに!Expediaの対応は?【1】
夏の一時帰国の航空券をExpediaで予約後、予約便がキャンセルに!Expediaの対応は?【1】 Bonjour à tous! 渋柿です。 次の一時帰国の予定はお決まりですか?渋柿家では、夏に日本に行くことが恒例になっています。 来年夏の一時帰国のために...

 

とはいえ往路は7月

かなり早く取ったとは思います。それでも、往路は7月ですから、もうすでに結構埋まっています。往路の希望席は取れませんでした。

席の指定画面を見てみると、ほとんどもう埋まっていました。それでも、航空会社が抑えているだけで後日放出する場合もありますから、定期的にチェックする必要があります。復路便はまだ余裕でした。

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

まとめ

海外生活も長くなってくると、様々場面でパターンが決まってきます。この、決めたパターンに従うということは、不便な社会で無用なエネルギーを消費せず、快適に生活するコツでもあります。一週間のサイクルや、1日の流れだって、休日の過ごし方だって同じです。シンプルがよいのです。

皆さんも、自分ちなりのパターンを見つけてパターン化、つまり、シンプルにしてみてはいかがでしょうか。

もうそろそろ来年の航空券を取ろうかしら?でもちょっと早いかしら?こんなに早く取るなんてバカじゃないの?と思われそうで二の足を踏んでいる方がいらっしゃれば、大丈夫です。ここに9月に予約しちゃった人もいますから 笑。

▼今回、チケット予約に利用したのは、スカイチケットさんです。検索して申し込み後、予約の可否と最終価格を調べてくれて、予約可能であれば期日までに支払います。航空券は高額ですから、検索・予約・支払いが全て同時のサイトよりも安心感がありました。オススメします!

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp

A bientôt!

▼子連れ一時帰国の季節は、夏がおすすめです。暑いのが嫌ですけどね。

あわせて読みたい
日本に一時帰国するおすすめの季節は?春夏秋冬で検証してみた。
日本に一時帰国するおすすめの季節は?春夏秋冬で検証してみた。Bonjour à tous! 渋柿です。 今年の日本への一時帰国はいつが最適でしょうか。渋柿家では、さんざんっぱら禿げ上がるほど考えた挙句、夏が定番となっています。&n...

 

 

 

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる