【移住約10年の実感】フランスに海外移住する11のデメリット赤裸々に挙げてみる

Bonjour à tous! 渋柿です。

フランスに海外移住するメリットを挙げたので、次はフランスに約10年住んだ実感を踏まえて11のデメリットを赤裸々に挙げてみます。

目次

デメリット

親の死に目に会えない可能性→心的ストレス

フランスに限らず、海外移住すれば必ず付いて回るこの問題。

私のように親との関係が微妙な人でも、実際に親の死に目に会えないというのは非常にショッキングな出来事でした。

あわせて読みたい
海外滞在中に日本の身内に突然の不幸があったらどうする!?当日予約はいくらする?   Bonjour à tous. 渋柿です。   始めたばかりのブログをしばらく放置してどうしたの!?と思われたかた、ご心配おかけしました。   タイトル通りの事...

自炊の負担が増える→肉体労働増

フランスは外食が高いです。ランチに行くとなると一人2000円は出費する覚悟がいります。

レストランで心地よいサービスを受けながら美味しいものが食べられれば満足ですが、残念ながらそのようなレストランが多いわけでもありません。

レストラン向けの冷凍食品を解凍して出すだけのレストランも多いし、そもそも心地よいサービスを提供できな店も多いです。

高いし、値段に対して満足感が低いので、基本的に自炊ばかりするようになります。自炊が苦手な人には、毎日の食事の支度が辛いと思います。

あわせて読みたい
【日本のいいところ】海外移住5年以上経っても抜けきれない日本の外食習慣   Bonjour à tous! 渋柿です。   フランスに来てもう5年以上も経っているので、大抵のことには慣れたつもりですが、いまだに日本での習慣がふっと現れるとき...

買い物の負担→肉体労働増

日本には、食材の宅配サービスがあるではないですか。外出中でも玄関前や配達ボックスに入れておいてくれます。子育て中や家族の多い方は利用している人が多いでしょう。

フランスではそのような便利なサービスは聞いたことがありません。きっと盗まれるのがオチでしょうし。

ですから、買い出しの負担が増えます。近所にスーパーマーケットやマルシェのない家に住んでいると、本当にとてつもなく不便です。

あわせて読みたい
マルシェに新鮮な野菜・肉・乳製品を買いに行きたいけれど足が遠のいた、ちょっとした事情。マルシェっ...   Bonjour à tous! 渋柿です。   私、フランスに来て間もなくから、特定のマルシェに足しげく通っていました(上の写真は南仏マントンの屋内マルシェ。この...
あわせて読みたい
肉は肉屋で塊で買うという習慣は、信用ならない社会で生きる一つの知恵かもよ   Bonjour à tous! 渋柿です。   食べる、って本当に難しいですね。フランスで生活していてそんな風に思うようになりました。   単に美味しいものを食...

終わりのない語学学習→逃れられないストレス

フランスではフランス語で全て進行します。

あわせて読みたい
フランス語力ゼロからアリアンスフランセーズでいきなりC1クラスに入る効率的な勉強法 Bonjour à tous! 渋柿です。 以前の記事にも書いた事がありますが、フランス語ができたから移住先をフランスにしたわけではありません。何をかくそう、「ボンジュール...
あわせて読みたい
フランス語【初心者】の勉強に役立つ本を厳選して5冊紹介! Bonjour à tous! 渋柿です。 フランス語の勉強を始める時、どんな参考書を使うべきか迷いますよね。私もかなり迷いました。 フランス語学習に関して、英語に比べて圧倒...

国際カップルでしたら、配偶者が手伝ってくれるのでしょうが、日日家庭の場合はそうはいきません。

あわせて読みたい
海外移住してみると国際結婚カップルが羨ましくて仕方なくなるときがある!!   Bonjour à tous! 渋柿です。   自分の身の回りに国際結婚をした人がいなかったので、国際結婚が羨ましいとも何とも考えたことがありませんでした。 だから...

自力で生き抜くために、日々語学との戦いです。語学が苦手な人はもちろん、若い頃に勉強しなかった、又は勉強が苦手だった、という方は特に辛いと思います。

移民扱い→自尊心破壊

日本は先進国。私は日本のパスポートを持っているのよ!貧しい国からの移民とはちょっと違うのよ!と思っていても、残念ながらフランスでは通用しません。アフリカなどのからの移民と一緒くたの扱いを受けます。

移民局などの行政と関わる場面は完膚なきまでに一緒くたです。

日常生活でもそういう傾向があります。ですから、タイミング悪くこのような扱いを集中的に受けてしまうと、自尊心を破壊される恐れがあります。

フランス人は親日的、という人もいますが、残念ながら実際はほんの一部です。

普通のフランス人は、日本がどこにあるのかも、中国と違う国だということも知らない人も結構います。

日本人だ!日本人は規律を守ってきちんとしている民族だ!とフランスで思っているのは、日本人だけです。

あわせて読みたい
【海外移住とうつ】その19 うつ状態突入! 引越しの日にご近所Bの正体もバレる! Bonjour à tous! 渋柿です。 前記事 【海外移住とうつ】その18 うつ状態突入! 引越しの直前にご近所Aの正体がバレる!からのつづきです。 ようやく引越し当日とな...

小学校卒業までは毎朝毎晩子供の送り迎えをしなくてはならない

お子さんがいる場合は、学校や習い事など、子供が外出するときには大人が付き添わなくてはなりません。これが日々の重労働です。

日本では子供一人で平気で外出させますが、フランスでは絶対にさせません。中学になったらようやく一人で登下校させるようになります。

小学校の目の前に住んでいる場合は、子供一人で学校に行かせる人もいますが、学校に届け出が必要です。習い事でも、子供を一人で帰してもいいと届け出を出す必要があります。

ですから、どこに出かけるにも親がついていかなくてはなりません。親がついていけない場合は、隣町に住んでいる親戚にお願いしたり、送り迎えだけのために人を雇ったりします。それほど、子供の送り迎えは子供の安全を守るために重要です。

どこで事故にあうかもわからないし、痴漢や人さらいもいるからです。

「子供の送り迎えは最重要事項」という意識はフランス社会では共有されているようで、「子供の迎えの時間だから!」といえば、仕事や会合など、何かに拘束されていてもすぐに解放してもらえます。

あわせて読みたい
フランスの小学校と日本の小学校の違いはこんなにある!34にも及ぶ違いを列挙するよ Bonjour à tous! 渋柿です。 うちの子は、フランスの公立小学校に通っています。入学してみると、日本の小学校との違いがたくさんあり、いちいちビックリさせられまし...
Not found the post.

勝手に子供を外で遊ばせることができない→外遊びに付き合う必要

送り迎えと同様に、子供を一人で勝手に公園で遊ばせるということも絶対にしません。必ず大人が付き添います。

ですから、放課後に友達の家に遊びにいくとか、友達と一緒に子供だけで公園で遊ぶ、なんてことは絶対にありません。

家に勝手に遊びに来られることがないのは助かりますが、友達の家に行くにも、外遊びをするにもいちいち付き合わなくてはならないのは重労働です。

静かに暮らすのは難しい

パリに行ったことがある人ならご存知だと思いますが、フランスには白人のフランス人がいっぱいいると思ったら大きな大間違い。

白人系はむしろ少なく、いろんな人種がいて、文化も様々。

唾を吐く、大きな声でしゃべくりまくる、女性蔑視、平気でタバコを吸う、タバコをくれという、お金を恵んでくれという、汚い犬を連れている、列に並ばない、平気で横入りする、平気で落書きをする、、、といった困った人たちも多いです。

赤裸々に言ってしまうと、ヨーロッパ系、アフリカ系、アジア系など人種の如何をとわず、困った人や変な人、つまり私生活では関わりたくないような人がものすごく多いです。

むしろアジア系は見た目も似ているし、おとなしいので付き合いやすいです。

そういう厄介な人たちを避けて、静かに暮らしたり、静かに移動したりするというのは、とても難しいです。

あわせて読みたい
フランスの残念極まりない住宅事情 ご近所の猫の毛トラブルは張り紙で解決!? Bonjour à tous! 渋柿です。   フランスって、猫や犬と一緒に暮らしている人がとても多いです。しかも、人間と同様の扱いをします。家族なんだから猫や犬の毛なん...
あわせて読みたい
【海外移住とうつ】その18 うつ状態突入! 引越しの直前にご近所Aの正体がバレる! Bonjour à tous! 渋柿です。 前記事 【海外移住とうつ】その17 うつ状態突入! 老害に囲まれて過ごしたうつ最悪期 からのつづきです。 一癖も二癖もある独居マダム...

とにかく不便

日本の便利さに慣れていると、かなり多くのことが不便に感じます。

列に並ばされる、急なストライキで予定変更なんて、日常茶飯事です。

あわせて読みたい
【フランス名物】昨年12月からの大規模ストライキの影響 Bonjour à tous! 渋柿です。 こちらフランスでは昨年12月から交通機関のストライキが続いていました。 やっと収束したらしいのですが、昨日もまた大規模ストライキが予...
あわせて読みたい
今日はストライキで小学校がお休み。フランスでは学校の先生もストライキをするのです。   Bonjour à tous! 渋柿です。   ただでさえ、バカンスが多くて休みばかりのフランスの小学校。今日は、全国的なストライキで学校が休講になりました。何を...

信用ならないことが多すぎる

日本には普通に機能していることに信用を置けません。

郵便物が来なかったり、鉄道も急な運休やストライキで困ることがあります。

あわせて読みたい
フランスの笑っちゃう郵便・宅配便事情   Bonjour à tous! 渋柿です。   出した郵便が相手に着くのが当たり前、なのは日本だけの話。フランスでは、郵便なんて相手に着くかどうかわかりません。重...

日本との時差や距離、交通費

日本から東南アジアへの海外移住に比べると、フランス移住をはじめヨーロッパへの移住は、時差も大きいし、距離も遠いです。頻繁に日本へ行く機会のある人には厳しいです。

飛行機代もアジアに比べると高いですから、毎年一時帰国したくても数年おきにしか日本へ戻れない人もいます。

例えば、日本とフランス間の時差は8時間(冬時間)もしくは7時間(夏時間)、東京〜パリ直行便で約11時間から12時間。日本とマレーシアなら、時差は1時間、直行便で約7時間。LCCも飛んでいますから、交通費もヨーロッパに比べれば安く上がります。

あわせて読みたい
日本に一時帰国するおすすめの季節は?春夏秋冬で検証してみた。 Bonjour à tous! 渋柿です。   今年の日本への一時帰国はいつが最適でしょうか。 渋柿家では、さんざんっぱら禿げ上がるほど考えた挙句、夏が定番となっています...

まとめ

憧れや勢いだけでは海外移住を長期戦に持っていくことは難しいです。正直に言いますと、苦労も多いです。

しかし、それを上回るメリットがあるのも確かです。ですから、このようなデメリットも知った上で多くの人に挑戦してもらいたいと思っています。

あわせて読みたい
【在仏約10年の経験者が語る】フランスに海外移住する19ものメリット! Bonjour à tous! 渋柿です。 フランスに移住して約10年の経験者の視点で、フランスに海外移住する19ものメリットについて列挙してみます。 一般的なメリット 特にお子...

A bientôt!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。子供が中学に入り、教育移住もひと段落。日本人家族の目線でフランス海外移住や教育について情報発信してます。整理収納アドバイザー2級、ライフオーガナイザー2級認定。

目次
閉じる