バイリンガルになるならないの決定的な要因とは?国際カップルほど難しい子どもの日本語教育の対策

Bonjour à tous! 渋柿です。

フランスに教育移住し、やっと子どもの教育に一定の成果が出てきました。子どもの日本語教育について考えることがありましたので記事にします。

最近、立て続けに何組かの国際カップルのご家庭のお子さんと会う機会がありました。この子供たちとうちの子供が幼稚園の頃は、私たち親がお喋りしている間によく一緒に遊んだものです。

子どもたちは、日本語をメインに、たまにフランス語も混じりながら遊んでいました。

しかし、年齢が高くなるにつれて、子供たちはそれぞれの学校で自分の友達を作るようになり、私たち親もそれぞれ忙しくなりました。たまーにお母さん方とお茶をするときには、子どもは学校に行っている時間帯なので、子ども抜きで会うようになりました。

なので、他のご家庭のお子さんがどのように成長しているのか、特に日本語がどのようになっているのかについては、知らぬままに何年も過ぎて行きました。家庭や補習校での日本語教育は続けているのは知っていましたが。

久しぶりに子どもたちに会ってみると、小学校高学年から中学生になる頃の国際カップルのお子さんは、もうほとんど日本語を話さなくなっていました。お母さんが話しかける日本語に対して、すべてフランス語で返事をしていました。

このことは、子供とはすべて日本語でやりとりしている私にとっては結構な驚きでした。

目次

国際カップル家庭の方がバイリンガル教育に熱心

うちの子供がまだ幼稚園だった頃に、日本語補習校に誘われたので行ってみた経験から、国際カップルのお母さん(日本人)は、子どもの日本語教育に非常に熱心な方が多いと思います。

日本語補習校で見たのは、3歳から小学校入学未満頃のまだ鉛筆も満足に持てない低年齢の子供に、鉛筆を持たせて平仮名を教えている光景でした。

私は驚きました。当時日本からフランスに来てまもない私は、子供に平仮名を教えるなんてまだ全く考えてもいませんでした。

うちの子どもは日本の幼稚園にも通っていましたが、字を書けるように訓練するということはしていませんでした。だから、海外に出て国際結婚するような人は、もともと意識の高い人たちなのだろうなと思いました。

また、うちの子どものお喋りを聞くにつけ、「日本語ペラペラですね!」とあらゆるお母さんから声をかけられました。

私としては、日本から来て間がないから、日本語しか喋れないのであって、日本語でコミュニケーションをとるのは特別なことではないので、いちいち「ペラペラですね!」と声をかけられるのに大きな違和感を感じていました。

今では、国際カップルの日本人お母さんが日本から来たばかりの子供がどのくらい日本語が喋れるのか、非常に気にしていた、ということが分かりますが、当時はそれを言われるたびに返答に困っていました。

数回通いましたが、お母さん達の熱心さと、鉛筆も満足に持てない子供に平仮名を教えるという違和感から、我が家は通うのをやめたのでした。

国際家庭ほどバイリンガル教育は難しい・・・らしい

今でも、母親たちが集まると、日本語教育についてが話題に上ります。どのように勉強させているのか、日本の学校に体験入学させるのかどうか、どんな本を読んでいるか、などなど。

国際カップルのお母さん方の話によると、補習校に通うなどして熱心に日本語教育を行なっていても、よくできる子でも小学校4年生くらいの日本語力で止まってしまうとのことでした。日本の学校に体験入学しても、3年生くらいから完全にお客さんになってしまうそうです。

実際に、今回、久しぶりに国際カップルのお子さんたちに会ってみて、その状況がよく分かりました。

一方で、うちの子どもは年齢相応の日本語力をつけていて、私や夫とのコミュニケーションはすべて日本語です。本も読みますし、漢字も普通にかけます。親が日本語で話しかけて、子供がフランス語で答えるという状況は、我が家では考えられないです。

どうりで、「どうやって日本語教育しているのか?」とよく質問されるわけだと思いました。

私が思う、バイリンガルになるならないの決定的な要因とは?

我が家が子どもの日本語を維持発展させるために、漢字をこつこつ覚えるとか、本を読むとか、意識的にやっていることは様々あります。

しかし、リアルでは言いませんが、私は家庭環境に決定的な要因があると思っています。つまり、家庭内にフランス語でコミュニケーションを取れる相手がいるかどうかということです。

子どもは、友達や先生とフランス語で日々コミュニケーションをとっていますから、お母さんとの日本語よりもフランス語のほうが徐々に楽になってきます。

家の中にフランス人のお父さんや、フランス語のわかるお母さんがいれば、子どもは楽な方の言語を使おうとするのは自然の流れと思います。

意識の高いお母さんほど、フランス語がお上手で、フランス人の配偶者とはフランス語が共通言語になっています。その状況を子供が見れば、どうせお母さんフランス語もわかるんだから!、と、わざわざ日本語を使おうとは思わなくなると思います。

一方で、我が家の状況はというと、夫はフランス語が不得意ですから、子供とフランス語でコミュニケーションするなんてあり得ません。

私はフランス語は分かりますが子供とは絶対にフランス語ではコミュニケーションしません。簡単な会話ですら、絶対にフランス語は使いません。これは、子どもの日本語のため、というよりは、我が家の習慣として、フランス語でコミュニケーションするというのはありえないのです。感覚的なものなのです。

うちの子どもも、お母さんとフランス語で話すなんてありえない!と言っています。

子どもの日本語教育成功している国際カップル家庭

一方で、もうすでに社会人になった国際カップル家庭のお子さんで、ずっと外国に住みながらも日本語がすごく上手な人も何人か知っています。

だから、不可能ではないのです。

日本語での会話の細かいニュアンスも理解し、発言もとても自然で、すごいなと思いました。

そのお母さん(日本人)がどのように日本語教育してきたのかは分かりませんが、大変な工夫と努力をしてきたのだろうと思います。

おそらく、子供とは日本語でしか会話しない、とか、本を読み聞かせるとか、様々な努力をしてきたのだと思います。

この手のノウハウは、家庭内での試行錯誤の結果であって、家庭内だけに蓄積されていて、普通は外には出ていかない類のものかもしれません。

まとめ まずは各家庭で目標設定を 比較は焦りや軋轢を生むよ

私が観察してきたところによると、お子さんの日本語教育に熱心だけれど悩みを抱えているお母さんたちに共通するのは、子供とフランス語でやりとりをしているということです。

家庭の事情は様々ですし、日本語教育の最終目標も様々ですから、その家庭がそれでよければ良いのだと思います。

我が家は全員が日本人家庭で将来的には日本に帰るつもりなので、日本で高等教育を受けられ、日本で不自由なく生活できるレベルを目標にしていますが、他の家庭の親御さんが自分の子どもの日本語をどうしたいのか、どの辺まで高めるのが目標なのかは、知るよしもありません。親戚や友達にも国際カップルはいませんから、国際家庭の事情がわかりません。

しかし、日本人の親が複数集まると、よく話題に上るのが子どもの日本語教育です。家庭によって事情や目標は様々なはずなのに、一括りに日本語教育と考えて、各家庭の子どもを比較するような話の展開になります。しかたありませんが。この話題から母親同士の争い事にも展開することがあります。

焦る気持ちも分かりますが、私は、その話題が面倒くさいので、日本人と距離をとってきたというのも正直なところです。うちの子供の日本語が上手なので、私は我が家のやり方についてよく質問されるのです。

私としては、他の家庭の考え方を知らないのに、教えてももらっていないのに、我が家の考え方ややり方を一方的に開示するって、なんでそんなことしなくてはならないの?どの程度真剣な質問なのかしら?と思います。

質問されれば一応、我が家でやっていることの一部をお伝えはしますが、私自身、上にも書いたとおり、子どもの日本語教育が成功するしないの決定的な要因が家庭にフランス語を解する人がいるかいないかにかかっている、と思っているので、いくら我が家の方法論を伝えたところで、効果あるのかな、と思いながら話をするしかありません。

こういうときは、早く話題変わらないかな、と思います。

他の家庭と比較すれば、焦りの原因にもなります。各家庭で事情は様々ですし、子どもの個性も様々なのですから、まずは、ご自分の家庭でどのくらいを目標とするのか、例えば、親とコミュニケーションを取れれば良しとするのか、マンガを読めればよしとするのか、日本語でも高等教育を受けられるくらいの日本語力をつけさせたいのか、各家庭で考えをまとめて、そこに向かって対策するのが良いと思います。

A bientôt!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる