【住宅事情】海外移住の失敗を防ぐのに大切なこと

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

一言で結論を言うと、住環境です。これ、本当に重要です。

フランスに移住して5年以上経つ私にとって、フランスに来てから最大の失敗は、住宅問題にあったということを別の記事に書きました。

後悔

私がフランス移住後の生活で大後悔していること

2018年4月16日

住環境というのは、生活全体はもちろん、メンタルにも大きく影響を及ぼします

そして、なんとなく物事がうまく回らなくなり、日本に撤退したくなる気持ちも芽生えてくるかもしれません。

フランス人やフランス人との国際カップルの話をきいても、住宅を選ぶのは結構難しいものだと感じます。

 

1回で良い物件に巡り会えるとは思わない!諦めない!

結論から言うと、引っ越しするのは仕方ないと諦めるのです。

そもそもフランスの物件って、日本と比べると本当にひどいものです。

欠陥住宅

フランスの住宅事情は最悪。全て欠陥住宅と心得るべし!

2017年1月17日

変な隣人がいる確率も高いです。私の友達は、隣人からベランダ越しに生卵を投げつけられた、と言っていました。

私は、玄関前にゴミを置かれたこともあります 笑。

友人も私も、決して、悪い地区に住んでいるのではないのですよ。

フランス人やフランス人と結婚した国際家庭の方も、隣人問題や水漏れで住環境に手を焼いている人は結構います。

そして、良い住環境を手に入れるために日々努力したり、引越しを考慮します。

そのような状況で、日日家庭としての海外移住組が良い物件に恵まれる、なんていうことは難しいのではないかと思います。

ですから、最善を尽くして見つけたアパートでも、これはダメだ!と思ったら、さっさと引越しをしましょう。

我が家の場合

近所トラブル、騒音問題など色々あって、3回引っ越しました。

  1. ホテル
  2. アパート1(シャワーのみ)
  3. アパート2
  4. アパート3

どのアパートも、広さはほとんど変わりありません。

私が知る内では、1年数ヶ月の間に3回引っ越したというケースもあります。

現在の住宅は、日当たりも良く、広さも適当で、ご近所さんとは関わりがほとんどないですが、変な人も隣接物件にはいなさそう。

今のところ、快適に暮らしています。しかし、もし「これはなんか変だ!」と思うような事態が発生したら、さっさとまた引っ越そう、とシェリーとも話しています。

前の住人も、不動産屋も、悪いことは言わないので、入居して初めて知る不都合な事実もありますから。

カビ

フランスの残念な住宅事情 アパート一棟まるごと水漏れ物件・新築なのにカビ発生物件もあるよ!

2017年1月18日

 

まとめ 引っ越し代は痛いが仕方ない!

そもそも、フランスに来たばかりで信用のない移民に良い物件を貸し出してくれるオーナーなどほとんどいないでしょうし、不動産を購入しようにも、一見さんには良い話は回ってこないでしょう。

だから、最初はボロアパートに住むことになっても仕方ありません

何かとストレスの多い海外移住生活ですから、なるべく快適に暮らして、やるべきことにエネルギーを注入したいですよね。

引っ越しなんて面倒臭いです。お金もかかります。

でも、引越しはするものだ、「あの人また引っ越ししたって〜!」と噂になってでも引っ越しするべき、と腹を括った方がよいです。

だから、今、あなたの住むアパートがボロアパートで、なんでこんなアパートにしか住めないんだろう!?と気落ちしていたとしても、また引っ越せばいいのです。

友達に手伝ってもらったりして、なんとか乗り切りましょう!

A bientôt!

▼実際住んでみてこういうことがわかったら、状況の改善の望みは薄いです。

【住宅事情】こんなアパートには長く住まない方がよい。引っ越そう!

2019年6月3日

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。