中学受験を回避して思うこと

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

日本では中学入試のピークが過ぎたようです。お疲れ様です。子供たちの前には輝く未来が待っています。

うちの子供も日本で育っていればちょうど中学受験生でしたが,幼稚園の頃からフランスで育てているので縁のないことになりました。日本で子育てしていたら,きっとより良い環境を求めて中学受験をさせていたと思います。

日本の教育に疑問を持ち思い切って実行したフランス教育移住。多様性の中で育てたいとか,受験勉強や暗記に頼らない考える勉強をしてほしいとか,外国語を身につけてほしいとか,そういう理由からでした。

フランスでの生活を小学校までで終わりにさせ,中学は帰国子女枠で受験して日本に帰国するのも一案と思っていました。

しかし,私立中学は帰国子女とはいえ英語のできる子供が欲しいということがわかったのと,フランスでの生活が順調なので,中受して日本に帰国するという選択肢をあっさりと消去したのでした。

フランスでは小学校が5年間,中学校が4年間なので,うちの子どもは日本の同級生よりは一足お先に中学に通っています。

目次

フランス海外移住で身につけたこと

国際的感覚

これからはグローバル社会だ,外国語教育だなんだとかよく喧伝されています。その辺のことは,フランスの公立学校に通っているだけで,十分身につきました。毎日人種の坩堝の中で自分の立ち位置を見つけ,気のあう友達を見つけ,気の合わない子に対するスルー力も身につきました。

みんな違ってて当たり前,と思うようになりました。

発言重視の授業

フランスの学校では挙手して発言することが重要視されます。はーい!と手を挙げてから考え始めることもあるそうです。

臆することなく挙手して自分の意見を述べる子供になりました。

外国語

フランスの公立学校に通っているわけですから,普通にフランス語で各教科の授業を受けています。宿題も全部自分でやっていきます。移住当初は心配しましたが,今では全く問題ありません。

英語に関しては,フランスで本格的な英語の授業はは中学1年から始まりますから,これから身につけていけばいいと思っています。フランス語に似ているけれど,文法は簡単だと言っています。

一足お先にフランスの中学生活

フランスでは基本的に公立学校が好まれます(学費が無料だから)。インターナショナルも公立中学にありますし,スポーツやダンスや演劇や音楽をする生徒のためのクラスも公立中学にあります。このような学校は選抜があります。

しかし,近年では私立の人気も高まっています。日本と同じように,公立中学の普通クラスに通って、クラスを崩壊させるような生徒と同じクラスになってほしくない,落ち着いて学校生活を送ってほしい,と思う親が増えているからです。

私立といっても,入試があるわけではありません。基本的には書類審査と面接です。学費も日本の私立に比べると全然高くはありません。日本人の感覚からすると年間の学費でも「月謝!?」と見間違えるほどの金額です。

うちの子供も,日本での中受のようなハードな勉強をすることなく,普通の学校生活生活の延長線上で落ち着いた子供が集まるクラスに入れました。公立小学校のときに比べれば随分と良い環境で過ごすことができるようになり,ある意味心配事も減りました。

まとめ

というわけで,我が家のフランス教育移住は順調で、ますます教育面では日本に帰る理由が見当たらなくなってきました。

中学受験を回避しましたが,私立中学高校に通わせて,そのカリキュラムの中で体験させてやりたいようなことは,今までの移住生活で既に実現してしまいました。

長かったような,短かったような。ひとまず,今は満足感でいっぱいです。

これからは,子供が引き続き落ち着いた生活を送れるように,また,好きな道に進めるように陰ながらサポートしていきたいと思います。

A bientôt!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。子供が中学に入り、教育移住もひと段落。日本人家族の目線でフランス海外移住や教育について情報発信してます。整理収納アドバイザー2級、ライフオーガナイザー2級認定。

目次
閉じる