【放置食材】使い道に困って賞味期限が迫ったパスタを、普段しない味付けで調理してみた

Bonjour à tous! 渋柿です。

毎日のように、春がきたような陽気のフランス。

昨日の昼は、またまた放置食材でランチをこしらえてみました。保管場所も空くし、節約にもなって一石二鳥。

この小さいパスタ、スープに入れたらいいかな?と思って買ったのが、もう思い出せないほど前。箱には今年の4月が賞味期限と書いてありました。

スープに小さいパスタを入れたらオシャレかも!?という思いだけで買ったのですが、1回使ってみただけで、それ以来パスタを入れるようなスープを作らなかったので、処理に困っていました。

このFarfallineというパスタ、小さすぎて、どうやって調理したら良いのかわかりませんでした。

この外出制限で時間のあるときだからかもしれません。「パスタを米粒に大きめの見立ててチャーハンみたいな感覚で食べてみたら?いけるかも!」と思いつきました。

味付けは、これまた冷蔵庫に残っていたキューピーマヨネーズと、醤油。それから、昨日の買い出しで買ってきたばかりのツナ。この味付けは、イタリア人の知人の家に招待された時にいただいた、お米のサラダを再現してみました。炊いたお米を水で洗ってぬめりを取り、刻んだ野菜とまぜてマヨネーズで味付けしたものでした。

ついでにいうと、マヨネーズも滅多に使わないので、残ってしまっていたのもを使ってしまいたかったのです。

目次

材料 3人分

  1. パスタ 400グラム
  2. 人参(たまたまあったし、彩りのために入れただけなので、なくても大丈夫)
  3. マヨネーズ 大1から大2
  4. 醤油 大1
  5. ツナ 1缶から2缶(好きなだけ タンパク質を取ろうと思って入れてみました)
  6. おろしニンニク(冷蔵庫にチューブがあったから入れてみました)
  7. オリーブオイル(冷蔵庫にあった亜麻仁油を代用)
  8. 胡椒 お好みで

作り方

  1. パスタと人参を一緒にを茹でる
  2. マヨネーズ、醤油、おろしニンニク、ツナ、オリーブオイルとパスタを混ぜる
  3. 胡椒をお好みで振りかける

以上。超〜簡単でしょ。鍋一つでできました。

今回はオリーブオイルの代わりに、冷蔵庫に眠っていたアマニ油を使用してみました。

お味

普通に美味しいです。少ししょっぱかったので、醤油は少なめでも良いかもしれません。マカロニサラダにツナがはいっているような感じです。

まとめ 放置食材料理はメンタルによい!

手に余っていた食材を使い切ると、とっても気持ちが軽やかになるということがわかりました。逆に言えば、放置食材を抱えるとメンタルに悪影響を与えるということですね。

だって、ずーっと食品庫に鎮座していて、見るたびに「どうしよう!?」って思わされてしまうから。じわじわとメンタルを攻撃してくれます。

放置食材を抱え込まないようにするには、普段の買い物を気をつける必要があると思いました。「どんな味?」「これを使ったらいつもと違う出来栄えかも」と思っても、気安く買わないことですね。

A bientôt!

【お知らせ】このたび、下記の「Chicmob」さんから当ブログの更新を流していただけることになりました↓

このChicmobはブログのまとめサイトで、日本ぶろぐ村のようなサービスです。複数のブログの更新を掲載しています。サイトは3月21日にオープンしており、近いうちにアプリもリリースするそうです。

↓↓↓これからも応援よろしくお願いします。渋柿。

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる