【学年末】フランスの小学生は忙しい季節です

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

6月といえば、フランスは学年末であり、長いバカンス前の浮かれた雰囲気が漂っています。

この時期は1学年の終わりということで、学校や習い事などでの発表会や一年を締めくくるお祭りのようなものが目白押しです。

お祭り(fête)となると、たいていはお菓子を作って持って来てね、ということにもなるので、暑い中オーブンで焼き菓子を焼いたりもします。

さらに、バカンス中には友達に会えなくなるので、週末は家に招いて子供同士を遊ばせたりします。

さらに、なぜかこの時期は誕生日会も多くて、お呼ばれしたりすることもあります。

コンセルヴァトワールでも、6月は発表会シーズンなので、多くのクラスで発表会があり、親も子供もレッスンとその送迎に忙しいです。

学校では、成績をつけるためのテストもこの時期にまとめて行われるので、子供は本当に忙しいです。

親の方も、テスト勉強や宿題をみてやったり、子供の予定に合わせてあちこちに連れて行かなくてはならなくなるので、妙に毎日忙しいです。

バカンス中に一時帰国する方々や遠くに出かける方は、パッキングや家の掃除もありますし、とにかくやることが多い季節となりました。

一時帰国

日本に一時帰国するおすすめの季節は?春夏秋冬で検証してみた。

2016年11月20日

 

フランスの小学校の6月

うちの子供が通う小学校では、クラスの学習発表会が公民館で行われました。

その日は、午前中に現地にリハーサルに行くのに保護者2名が付き添って子供たちを連れて行き、放課後は一度学校に迎えに行ったら着替えて軽くおやつを食べて、18時に現地に親がまた連れて行く、というスケジュール。

今度の金曜日には、学校祭り(fête de l’école)があります。

先日、役員の方から「家でお菓子を作って持って来てくれる親募集してます!」と校門のところで声をかけられて、うっかりOuiと言ってしまったので、また暑い最中に焼き菓子を焼かなくてはなりません。

 

来年度の手続き諸々

新学期のための手続きも始まりました。

例えば、給食をどの頻度で申し込むかとか、習い事でも継続の場合はこの時期から手続きを開始する場合もあります。

忘れると大変なことになるので、気が抜けません。

学校では、成績をつけるためのテストもこの時期にまとめて行われるので、子供は本当に忙しいです。

お稽古

フランスのお稽古事は9月から。気楽に始められて気楽にやめられる!

2016年11月25日

 

バカンスに出発する用意

我が家も夏休み中はバカンスに出発するので、家の掃除や洗濯をしなくてはなりません。

朝方はまだ寒くて冬ものの掛け布団を使っているので、カバーを洗ったりなんやかんや大変そうです。

夜便

子連れで国際線乗るなら夜便?昼便?長距離フライトの「疲れるけど一番疲れない方法」と必須アイテム

2017年8月14日

まとめ

こんなかんじで、例年通り忙しい6月の学年末です。

夏休みに突入するまでは、体調を崩さないように、目の前の予定を一つづつクリアーしていくことに集中します。

皆様もよい夏休みをお過ごしください。

A bientôt!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。