コロナで鬱憤が溜まっているバカンス前の夜

Bonjour à tous! 渋柿@franceponaiseです。

いつも夜10時過ぎに寝ているのですが,昨晩は誰かが大声で話している夢を見て目が覚めました。

実際に,うちのアパートの上か下が横かよくわからないのですが,大声で話している複数の大人の声が聞こえてきました。

テラスに出て飲み会?夏の暑い夜,窓を開けて寝ようとすると近隣の人がテラスで飲み会をやっていて煩いので窓を閉めて寝ることがありました。でも,今は真冬だから家の中で騒いでいるに違いありません。

結構寝た気がするので,もう朝になったのかな?と思って時計をみると,夜中の2時。

ここではじめて,近所アパートに大人が集まって夜な夜な騒いでいるのだということがわかりました。

フランスでは現在,夕方6時から朝6時までは外出禁止なので,招かれた人たちは朝までこの調子で過ごして,明日明るくなったら帰宅するのです。

目次

これだから感染が広がる

フランスでは,コロナの感染拡大は主に大学生がパーティーをするから,と言われています。

以前,夕方通りを歩いていたら爆音で音楽が聞こえ始め,学生と思われる若者が窓から身を乗り出し,大騒ぎをしていました。うちのアパートには学生が住んでいないのでよかったわー,と思ったものでした。

しかし,大人までも夜間外出禁止期間であるのにパーティーをやっちゃうんですね。

まあ,長期にわたって抑圧されているので,鬱憤が溜まるのは理解できますが,一応大人なんだからもうちょっとやりようがあったのではないかな,とも思います。

まとめ バカンス前だからね

結局,うるさくて眠れないので,iPodプロを耳に突っ込んで騒音を遮断してもう一度寝ました。5時ごろもう一度目が覚めましたが,その時には騒いでいる声が聞こえませんでした。

翌朝は,早朝からマルシェに買い出しに行こうかと思っていましたが,結局寝過ごしてしまいました。

これからバカンスに入るので,息抜きしたいところでしょう。私もほっとしています。皆さんもコロナ対策お疲れ様です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。子供が中学に入り、教育移住もひと段落。日本人家族の目線でフランス海外移住や教育について情報発信してます。整理収納アドバイザー2級、ライフオーガナイザー2級認定。

目次
閉じる