フラゴナールFragonardのスティック芳香剤pivoineの香りは1年間楽しめる!

フラゴナール

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

フランスでは夏時間になりましたね。今日は、長い冬を乗り切るのに一役買ったアイテムについてご紹介。

今から1年ほど前、フラゴナールの全身用オイルと同時に購入したスティック芳香剤pivoineです。

フラゴナール

フラゴナールのアルガンオイルvraiの香りにハマる。全身に使えてとても便利!

2018年1月29日

全身用オイルと同様に直営店の店頭でお試ししたら、とても良い香りで即買いしたのでした。

Pivoineとは、ボタン科の植物で日本語で言うところの牡丹とか芍薬のことだそうです。

香りはというと、甘すぎず、すっきりしすぎず。どちらかというと、こってりというよりは爽やかな香りで、1年中楽しみました。冬の間もこの香りに癒されつつ、乗り切ってきました。

なんと、我が家で使っているシャンプー・リンス・トリートメントも、メーカーは違えどこのPivoneの香りなのです。大好きな香りです。

フランスの水による頭皮トラブルにはKLORANE PIVOINE リンスとかゆみ止めスプレー登場

2017年6月11日
抜け毛

頭皮トラブル対策のシャンプーKLORANE Shampooing à la pivoineとBIODERMA NODE Aを試してみた

2017年4月4日

スティックはたくさん付いていますが、全部使用すると香りが強くなりすぎて気になったので3本に減らしました。すると、ほのかに香っていい感じです。我が家の廊下にはこれで十分。

スティック3本で1年使用すると、上の写真のように残りがわずかになりました。

蓋は捨てないで取っておきましょう。夏休みに長期で留守にするときには、蓋をしめて保管しておきました。

1年を通して使える香りと思いますよ。日本のアマゾンや楽天では売られていないようなので、パリの直営店にでも行く機会があれば、お土産にもいいのではないかと思いますよ。

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。