鼻を洗うフランス人、うがいをする日本人

うがい

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

風邪やインフルエンザが流行っています。フランスではどのように予防するのでしょうか。

 

 

鼻を洗うフランス人  se laver le nez

 

フランスに来て間もない頃、子供が風邪を引いたんです。その時、フランス人のご近所さんに、

 

「鼻洗ってる?」

 

って聞かれました。「は?鼻洗ってる?って聞かれたよね???」

 

勇気を出して聞いてみました。「鼻を洗うのですか?

 

「そうよ、鼻を洗うのよ。この子も洗ってるわよ」って自分の子供を指して言いました。

 

鼻を洗う」って初めて聞いたので、驚きました。それからしばらくして、在仏の長い日本人も、「子供の鼻が詰まったから、鼻を洗った。」と言っているではありませんか。

 

鼻を洗う、って何で洗うんですか???」と聞いてみました。薬局で売っているEau de merという海水みたいな食塩水で洗うそうです。買ってみようと思いつつ、数ヶ月すぎました。

 

ある日、うちの子が風邪ぎみで咳がでるので、薬局に薬を買いに行きました。薬剤師さんに、「鼻を洗ってますか?」って聞かれました。

 

「出た!!また鼻を洗うだよ!!!」あーびっくりした。

 

ノン!と即答。ついつい日本の習慣を引きずっていて、まだ鼻を洗ったことがなかったのです。というよりも、「鼻を洗う」という表現自体がしっくりきませんでした。

 

薬剤師さんに出されたのは、痰の排出を促す薬と、スプレータイプのeau de mer(下の写真の右側。他にもいろいろなパッケージあり)。これ以降、うちにはスプレータイプのeau de merが常備されることになりました。

 

子供は少し嫌がりますが、鼻水がゾロン!と出て、鼻が綺麗になった感じがします。鼻と喉は繋がっていますから、鼻の中のバクテリアが少なくなれば、風邪を引く確率も下がるということで、簡単だし合理的ですね。

 

私も使ってみました

ノズルを鼻の穴に突っ込んで、シューっとすると、結構気持ちよいですよ。冬の乾燥した時期は、風邪対策にもなるし、乾燥してがびがびになった鼻の穴が綺麗になって気分爽快です。乾燥している時期の寝起きは特に重宝します。毎朝、シューっとして、ズーンと鼻をかむと、毎日同じ大きさのものがポーン!と出てきます。

 

うがい

 

うがいをする日本人 フランスにもイソジンみたいなのがあるよ

 

フランスにも一応、うがい薬がありますよ(上の写真の左)。BETADINEといって、薬局で売っています。イソジンと同じ色、同じ使い方ですが、味が少しだけ甘め。しかし、フランスではあまりメジャーではないようです。取り扱っていない薬局もありますし、奥の方の棚から出してくる薬局もあります。薬剤師さんにも、「あー、うがいのやつ?」って聞き返されたことがあります。決して、陳列棚に並んでいるような、誰でも知っているような薬品ではないです。ということは、フランス人は鼻を洗うけれど、うがいの習慣はないのだと思います。

 

ちなみに、うがいに関するフランス語って、すごい音ですよ。

 

うがい、うがい薬 gargarism ギャーギャリズム

うがいする se gargariser ス ギャーギャリゼ

※ 薬局では un bain de bouche でも通じます

 

 

日本では子供の頃から、「外から帰ったら手洗いうがい!」と耳にタコができるほど聞かされているし、実践させられて育ってきました。うがい薬が効くとか効かないとかいう人がいて、どっちなのかわかりませんけれど、うがいをしないと風邪をひくのではないか、と恐怖心すら起こります。フランスでBETADINEを見つけた時は、安心しました。

 

まとめ

 

フランス人は手を洗わない人が多いといいますが、うちは日日家庭ですから、子供には、帰宅後の手洗いも習慣づけています。「学校で、他の子が手を洗っていなくても、何かを食べる前には必ず手を洗いなさい。」と言ってあります。

 

鼻洗いは、やってみると本当に爽快ですよ。えー!鼻洗うの?と思った方は、一度お試しください。

 

手洗い+鼻洗い+うがい(喉洗い!)のトリプルパンチで、冬場を乗り切りましょう。

 

▼お昼休みに子供が一時帰宅した時にも、必ず手洗いうがいをさせましょう!

お昼ごはん

フランスの小学校の給食に行くのをやめた効用!2時間15分もある昼休みを有効活用してみる

2017年2月18日

 

A bientôt!

 

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

フランスの公立学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。