フランスに移住して良かったことは、子供がのびのびしていることと、家庭のリズムを邪魔されないこと

移住

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

フランスに移住して、早いもので5年。6〜7週間学校に通うと2週間のバカンスがやってくる、という生活リズムにもすっかり慣れました。

 

当初フランス語力ゼロだったった子供は、学校で十分やっていけるくらいのフランス語力をつけ、家の中では日本語、外ではフランス語と、器用に使い分けています。

フランスの小学校1年生のときに学年一番に!ちんぷんかんぷんからの快進撃

2017年2月2日

 

今となっては、そんな状況は特別とも思わなくなっています。

バイリンガル

自分の子供がバイリンガルになった親の気持ちって?

2017年10月6日

 

夏休みは遊び倒す

 

7月8日から9月3日までの夏休みの間は、Centre de loisirsに行ったり、日本に戻って親戚に会ったり、キャンプに参加したりと、しっかり遊び倒しました。フランスの学校は、夏休みの宿題がないので、それはもう心置きなく遊べるのです。

宿題

フランスの小学校は宿題が少ない!学校ではフランス語を身につけて、宿題の代わりに空いた時間は家庭学習で日本語も算数も効率よく!

2017年1月4日

 

親も、宿題の管理がないので、とても楽です。

 

でも、日本にいたら小学校中学年なので、日本では中学受験を目指すか?中受するならそろそろ塾に通わないと!?どこの塾がいいのかしら?なんて心ソワソワする時期です。夏休みは夏期講習に通っていたかもしれません。

 

夕方はゆっくり 家庭の時間

 

毎日同じ時間に下校になり(16時半頃)、その後は家庭での時間となります。

 

日本とは違って、子供だけでは外で遊べないから、子供同士が勝手に遊ぶ約束をしてランドセルを置いて外へ飛び出していく、ということもなければ、近所のお子さんが突然遊びに来る、なんていうこともありません。そのような不意の予定がないので、放課後の時間管理が楽です。習い事に行くペースも守ることができます。

 

夕方から就寝までの時間は、宿題をして(普段の宿題は5分くらいで終わります)、ご飯を食べて、シャワーをして、好きな本を読んで、9時前にはさっさとベッドに入ります。

 

朝は6時過ぎに起きて、着替えてご飯を食べて、日本語と算数の勉強をちょこっとやって、それから好きなことをして、8時過ぎに登校します。

 

毎日毎日、この調子です。学校からの大量の宿題に親子でキリキリすることもなければ、突然の人の訪問もないので、家庭でのリズムを邪魔されません。私は特に、この点を気に入っています。

 

もし、お誘いを受けても、無理に自分のペースを変えてまでお誘いに乗ることはしません。今では、参加すべきかどうか吟味して、優先度が高くなければサクッとお断りしてしまいます。

海外移住

海外移住生活での人間関係。自分のスタイルを貫くためには気の乗らないお誘いはサクッとお断りしましょう!

2017年10月8日

 

テレビも見ないし、友達と会う時以外は人との付き合いもないし、受験もないので、日本にいる時よりも心乱されることが極端に少ないです。親としてはリズムだけでなく、心も邪魔されません

 

家庭でのリズムを邪魔されないから、子供は毎日淡々と、ちょこっとずつ、必要だと思う学習を続けることができるし、それが力になります。これで、フランス語も日本語も身につけられ、好きなスポーツやアートも楽しむことができています。伸び伸びとしながらも興味のあることを楽しむ余裕があるのは、フランス移住5年の成果だと感じます。

スタディサプリ

子供に家庭学習の習慣をつけるには?どこに海外移住してもスタディサプリで自学できる

2017年9月25日

 

海外移住を考えている方へ

 

どこに、どんな形で移住してもいいことばかりじゃないと思います。でも、周囲の善良な人と信頼関係を築きながら自分のやるべきことに集中して淡々と生活していれば、たとえ親の死に目には会えなくても、あの時大きな決心をしておいて良かったと思う時がきっと来ます。

鴨のマグレ

フランス人の友人にランチに誘われてレストランで肉を食べたよ ベジタリアンは当分おあずけ

2017年7月28日
感謝

フランス人の友達に感謝!!善意は世界共通

2017年1月4日

海外滞在中に日本の身内に突然の不幸があったらどうする!?当日予約はいくらする?

2017年1月2日

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

フランスの公立学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。