【海外移住とうつ】番外編 寛解して移住初期の人間関係を思い返してみたら【超重要なこと】に気づいたよ!

Bonjour à tous! 渋柿です。

前回まで複数回にわたって、私がフランスに移住してすぐに知り合ったPさんと、その少し後に知り合ってから1年半くらいにわたって絡まれ続けたQさんとの愉快なエピソードをお送りしました。

10年近く前のことを、今回、文章にするために久しぶりに思い出してみて、とても重要なことに気づきました。

それは、完全に終わったことに今なお心を支配されていた、ということです。これはもったいない!

目次

気づき1 特殊すぎる!私の運がかなり悪かったということ

PさんもQさんも、かなり特殊な方だというこということです。このような特殊な方2人からからまれるということは、いくら海外生活とはいえ滅多にないのではないかと気づきました。

海外の日本人にはもちろん、普通の人、とても親切な人もいます。むしろ、ここに書いていないだけでそういう人の方が圧倒的に多いはずです。ですから、これから海外移住するという人はあまり心配いりません。

しかし、それすら帳消しにしてマイナスにされてしまうようなストレスを受け続けました。私はたまたま強度の不運だったと思います。もはや事故レベルですよね 笑。

気づき2 終わったことに今なおメンタル支配されていた!

お二方とは綺麗さっぱり縁が切れたことですし、もう10年近くも経っていることですから、今でも頻繁に思い出すということはありませんでした。まして、リアル生活では家族以外の誰かに話すということなど全くないです。

しかし、今回書き出してみて気づきました。私がこの経験から受けた影響は、自分が思っていたよりもはるかに大きかった、ということです。

つまり、今なお日本人同士の人間関係にびくびくしてすぐに防御しようとする、日本人同士の人間関係が億劫に感じる、日本人から人目を避けるように生活する、それは主にこの体験の影響によるものと気づきました。

自分では、これがフランスに移住してから培われた自分の性格で、移住の様々な苦労から形作られたと思い込んでいました。移住にまつわる様々な苦労は確かにあるけど比較的小さくて、この2人との関わりが強力に影響を及ぼしている、ということに気づきました。

これは結構なショックでした。今ではもう全く縁もゆかりもない人との10年も昔のこと、もう済んだことだと思っていたことに、今でもこんなにメンタル支配されていて自分の行動に制限をかけているなんて。

まとめ 今にまで引きずるのはもったいない!これからは自分らしく。

つまり、PさんとQさんみたいな特殊な人と知り合ってしまったことは事故レベルの珍事なのだから、今のいままで自分が影響をうけているなんて、勿体無いと思いました。特別な出来事を一般化しすぎていたと気づきました。

だって、何度も言いますが、もう10年近く前のことですし、珍獣レベルのお2人とはもう全く縁がありません。完全に終わったことです。

私が脱村した日本人村の構成メンバーもだいぶ入れ替わったと風の噂に聞いています。

だから、必要以上にびくびくしたり、人目を避けたり、親しくならない努力をしてしまうのではなくて、普通に、前向きに、自分らしく振舞ってももう大丈夫だと思いました。

気が楽になりました!!!

今なお「渋柿さんはPさんとQさんと仲間だから気をつけて!」なんて誰かが言っているとは思えません。だって2人ともずいぶん前にココからいなくなったのですから。

当時を知る人は今なおそのように思っているかもしれません。しかし、私にも良い関係を長く続けている友達が複数いるし、そういう善良な人と関わり合っていると思えば、疑っている人は、もはや「渋柿さんは要注意人物!」とは言えなくなると思います。だって、自分の友達の友達や知人の友達の根も葉もない悪口を言うことになるからです。

10年ひと昔。

だから、もう大丈夫なんです。これからは、せっかく寛解したのだから、日本人にびくびくすることなく私らしく生活して、新しい出会いがもしあれば拒否することなく楽しんでいこう、と今回2人のことを思い出しながら書いているうちに思い到りました。

当時の私は相当なショックとストレスと感じていたんだなあ。お気の毒に、とおもいました。

書き出してみてよかった!読んでくれた読者の皆さんありがとうございます。

そして、PさんQさん、もうお会いすることはないと思います。お元気でお暮らしください。そして、Hさんに至っては、もしお会いすることがあっても私の方からは話しかけませんので、ご心配なく。

A bientôt!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる