頭皮トラブル対策のシャンプーKLORANE Shampooing à la pivoineとBIODERMA NODE Aを試してみた

抜け毛

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

私は、日本にいる時からずーっと頭皮のトラブルなんて抱えたことがありませんでした。

しかし、どういうわけか、フランスに来て2年を過ぎた頃から頭皮にトラブルがおきはじめました。抜け毛が恐ろしいほどに増えてしまったのです。

結構ショックです。

同じように、フランスに来て数年経ってから同じ悩みを持つ人が結構いるみたいです。

私はもともと髪の毛が多い方だったから良いですが、少なかったら今頃ハゲになっていたと思います 笑。

下の記事では、LE PETIT MARSEILLE Nutrition intense aux 2 huilesは、リンスをしなくても潤うので気に入ったと書きました。

抜け毛

フランスの硬水のせいで頭皮にトラブル発生 シャンプーはどれがよい?

2017年2月15日

しかし、その後、シェリーが「なんだか髪の毛が重い!」というのです。私も、そんな気がしてきました。

というわけで、薬局に行って2つの異なる製品会社のシャンプーを買って帰りました。

  1. KLORANE
  2. BIODERMA

の二種類です。

KLORANE Shampooing à la pivoine

KLORANE製品はスーパーでは見かけません。薬局に置いてあるメーカーです。

どなたかのブログでこちらを使用していい感じだったとのことなので、自分でも試してみることにしました。

klorane

牡丹(pivoine)のエキス配合のシャンプーで、頭皮の炎症かゆみに対応しているとのこと。

KLORANE Shampooing à la pivoineの使用感

KLORANE Shampooing à la pivoineを使用してみると、軽いテクスチャーで、香りは清涼感のある優しい香りです

色がピンクなので甘ったるい香りかと想像しましたが、想像とは違いました。

洗い流すと頭皮がスッキリした感じがします。かゆみも抑えられます。

どっさりフケがでるということもありません。2日後まではかゆみがでません。

私のKLORANE Shampooing à la pivoineの使用法

私はかゆみと炎症で抜け毛が増えたので、毎日はシャンプーしません。2日か3日おきです。

ですので、1回のシャンプーでは泡立たず、1度に2回シャンプーします。

軽い使用感でスッキリします。これはかなりいい感じです!あっという間に小さいボトルのほとんどを使いました。

※追記 6月14日

同シリーズのトリートメントが発売されました!さっそく、私も使い始めました。

フランスの水による頭皮トラブルにはKLORANE PIVOINE リンスとかゆみ止めスプレー登場

2017年6月11日

BIODERMA Nodé A

BIODERMAもKLORANEと同じく、薬局に置いてあるメーカーです。スーパーでは見かけません。

シャンプーは写真の右、トリートメントが左です。

bioderma

BIODERMA Nodé A シャンプーの使用感

花のような華やかな香りです。洗い上がりはスッキリします。かゆみも抑えられます。

しかし、先に紹介したのKLARINEのシャンプーと比べると、こちらの方がかゆみが早く出てきました。ベタつき感もこちらの方が早く出てきます。

BIODERMA Nodé A 集中マスクの使用感

こちらもシャンプーと同じく花のような華やかな香りです。ほどよくまとまります。

軽い使い心地で気に入りました。

こちらは髪の毛をまとめるためだけに使用したいので、頭皮にはなるべく付着しないように使っています。なので、これが頭皮にどう影響しているのかはよくわかりません。

まとめ  KLORANE Shampooing à la pivoineが気に入った!

というわけで、現在は KLORANE Shampooing à la pivoine とトリートメントとかゆみ止めスプレーの組み合わせで落ち着きました。

今まで使っていたLE PETIT MARSEILLE Nutrition intense aux 2 huilesよりも頭皮や髪の毛が軽くなりました。シェリーも今の所気に入って使っています。

子供も問題なく使っています。

軽い使用感で、甘すぎない花の香りが清々しいです。おすすめします!

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。