海外移住初年度で子供の日本語教育を諦めるのはもったいない!移民は移民なりの戦略を立てましょう。

移住

Bonjour à tous!

 

日本から某国へ家族で移住した方のブログをたまたま見つけて読んでいたときのこと。そのご家庭は、仕事をゲットできたし永住だから、子供とは現地語で意思疎通ができるようになるように両親が現地語を完璧なレベルまで持っていくように努力する。現地語が国際的には利用価値の低い言葉なので、学校では英語教育にも力を入れていて、この国の人々の多くが英語もできる。大学までほぼタダで行ける。とにかくこの国が気に入った。だから、移住初年度にして未就学のお子さんの日本語教育は諦めた、とのことです。

 

たしかに、背水の陣で移住するってカッコイイです。このくらいの気合がないと海外移住なんてできないのかもしれません。しかし、私は、これは非常にもったいないことだと思います。

 

だって、日日家庭なのですから、両親が家庭で日本語を喋って、子供に日本語の本を与えたり読んであげたりして、小学校に入ったらひらがなカタカナ漢字を少しずつ練習して覚えていけばいいだけのことです。漢字を書くのは難しくても、読むのは何度も目にしていたらそのうち読めるようになります。

 

反対に、国際的利用価値の低い現地語を、日本育ちの両親が完璧なレベルまで引き上げるのには、時間がかかるし、モチベーションが続かないかもしれない。英語でいいや!ってなるかもしれない。今は夫婦で盛り上がっていても、その国の嫌な面が見えてくればどちらか一方が日本に戻りたいと言い出すかもしれない。日本の祖父母が孫とコミュニケーションが取れなくなる。今は祖父母が若くて元気でも、介護が必要になったり、突然亡くなったりして片方の面倒を見なくてはならなくなったりするかもしれない。子供が、日本で教育を受けてみたい、と言い出すかもしれない。

 

それに、日本語に限らず、出身国の言葉ができるとそれだけで良いこともあります。うちの子供を例に挙げると、学校では問題なく現地語で過ごしているのに、実は日本語の方が得意だ、というのが子供の特徴となっており、友達や先生に一目置かれるポイントにもなっています。

 

こういった様々な理由から、日本に軸足を残しておくのがより賢い戦略なのでは?というより、子供の日本語を諦めて両親が現地語を完璧にする戦略よりも簡単なのでは?だって、家庭内で日本語による日本っぽい生活をするだけなのだから二重の意味で、未就学の子供の日本語教育をまだ何の成果も出ていない段階で諦めるのは、早計すぎやしないか!?と驚きました。

 

まとめ

 

日本の環境に辟易して国外へ移住した場合、移住直後というのは嫌日本の方向に極端に傾いており、移住先の国のあらゆる面が素晴らしく思えてしまうのはよくあること。

 

しかし、私の経験では、そんなのは持って2年です 笑。3年目の浮気じゃないですけど、3年すぎると色々と嫌なところが目に付きます。まあ、フランスの場合は、渡仏直後から不満大炸裂の日本人が多いですけどね 笑。5年くらいたって、子供の成果を見ながら我が家なりの戦略が固まってきて、ようやく折り合いをつけられるようになってきます。

移住

フランスに移住して良かったことは、子供がのびのびしていることと、家庭のリズムを邪魔されないこと

2017年9月8日

 

非英語圏で英語ができたところで、英語ネイティブにはかないません。そして、どんなに頑張っても、現地人にはなれないんです。出身国の利用できる面は利用させていただく。政治的亡命でもない限り、その辺を考慮して、移民なりの戦略を立てる必要があると思います。

 

 

A bientôt!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。