日日家庭はどんなふうに復活祭の休日を過ごすのですか?

復活祭

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

春のバカンスに突入しました。

前にも書きましたけど、6〜7週間集中的に活動した後に2週間のバカンスがやってくるというフランスの緩急リズム感がとっても心地よいです。

今回も、バカンスまでは忙しくして、バカンスに入ったら休み!休み!休むわよ〜!ってなりました。

フランス

フランスに移住して良かったな〜としみじみ思うのは緊張と弛緩を繰り返すリズム感!

2018年12月26日

この時期、店頭には卵形のチョコレートが並びます。

フランス人の友達と言葉を交わして別れる際には、もう少しでパックだからという理由でbonne fête!と言われたり、言ったりします。

子供は、学校から帰ってくると「学校の友達の誰それは、家でお母さんからたくさんの(卵形の)チョコレートをもらったんだって!!!」などと言います。

 

日日家庭の復活祭の祝日の過ごし方

 

フランスに移住した家族はさぞかしフランスナイズド(?)された復活祭をすごすのかと思いきや、うちは一切スルー。。。

だって、キリスト教徒でもなければ自国の文化に無いし、卵形のチョコレートはこの時期のご祝儀価格とあってバカ高くて買う気がまったく起こりませんもの。

普通の休日を過ごして終了です。友達が用事があったので訪ねてきましたが、それだけでした。

まったく面白くもなくてごめんなさいね。

フランスにコンビニがなくても平気な理由

2019年4月26日

 

まとめ

旦那さんがフランス人のお宅では、きっとパックらしいことをするのでしょう。

親戚からのお誘いもあるのでは無いかと思います。

しかし、うちは日日家庭。

子供がもっと小さかった時には、子供の友達の家族に公園での卵探しに誘われたこともありました。

その頃は、外国文化が物珍しかったこともあり、興味津々で参加してみました。

卵形のチョコレートを買ってみた年もありました。

でも、数年もすると、そういうのいいや!、ってなりました。

クリスマスも同じで、気持ちがついていかなくて疲れるんです。

それに、イベントごとに関与すればなんでもご祝儀価格で高くてお金を使わされるのです。

高いばかりで中が空洞の卵形チョコを買うより、普通のケーキかった方がよくない!?なんて思っちゃいます。

うちのシェリーなんて、「子供がもし『うちはなんでパックやらないの!?』なんて言ったら、ゆで卵でもたべさせたらいいんじゃない!?」なんて言っています。

うちはクリスマスにもろくにお祝いすることはなくなってしまったのは、すでにこのブログにも書いた通りです。

クリスマス

何もせずに過ごすクリスマス2018年

2018年12月25日

子供には、「友達の家とは違うだろうけど日本の文化に無いからうちはしないわ」って伝えてあります。特にごねることもなく、納得しています。

お金に困っているわけでは無いのでケチっているわけではないのです。

まして、人間関係を絶っているわけではまったくないので、もし子供が友達の家に誘われたら連れては行きます。

祭りごとか否かに関わらず、人間関係でもそうですが、自分が関わるところと関わらないところを主体的に選択して、粛々と生活していくのが、地味ではありますが海外移住生活の1つのありかたと思います。

海外移住

フランス移住は時間もお金もエネルギーも合理的に使うのが好きな人に向いている!何でも合理的に考えればフランス的になるよ。

2017年10月5日

 

A bientôt!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。