【マカロニ5変化】残っていたマカロニを使い切って気分イイし節約にもなるし、大満足!

Bonjour à tous! 渋柿です。

数ヶ月前に、普段調理しないマカロニをうっかり買ってしまって、ずーっとパントリーに鎮座しているのが目に入る度にストレスになっていました。この外出制限を期に、重い腰を上げてマカロニ料理をしてみました。この度、大袋一袋を使い切りました!

まー、なんと気分の晴れやかなこと!

今日は、マカロニ大袋を使って、あまり料理の好きではない主婦が作れるもののご紹介です。

目次

スパゲッティが足りなかったので混ぜてみた

まず思いついたのが、スパゲッティに混ぜただけ。中途半端に残っていたスパゲッティが3人分にすこし足りなかったので、マカロニでカサ増ししたというわけです。ちょうど、茹で時間も同じでした。

あまりにもマカロニのことを知らなくて、このくらいしか思い浮かびませんでした。ごめんなさいね、マカロニ。

味は、可もなく不可もなく。スパゲッティーに対してマカロニは歯ごたえが柔らかすぎて、特別美味しくもないし、相性も良いわけではありませんでした。

あわせて読みたい
ずーっと前から放置されたパスタとマカロニでお昼ご飯【コロナ休み中の放置食材料理】
ずーっと前から放置されたパスタとマカロニでお昼ご飯【コロナ休み中の放置食材料理】Bonjour à tous! 渋柿です。時間がたっぷりあるコロナ休み。外出制限が始まってから、買い物に行ったのは1回だけ。まだ色々とストックがあります。しかし、こんな時で...

マカロニチーズクリームパスタ

マカロニって、要はショートパスタなのだから、ショートパスタを食べる時と同じように料理すればいいのでは?と思いついて作ってみました。

チーズクリームソースのパスタはよく作りますから、簡単にできました。いつもの通り、豆乳クリームと削りたてのパルメザンチーズを使っています。コーン缶がパントリーで長い間眠っていたので、混ぜてみました。

味は、食べ慣れている味です。コーンが入った分、少し甘く感じます。肝心のマカロニは、硬めに茹でたとはいえ、全体的にぼんやりした食感。きっと、筒状なのが柔らかい食感になってしまう原因なのでしょう。

普通のショートパスタの方が美味しいと思いました。わざわざマカロニで作る必要はないですね。

マカロニサラダ

マカロニといえば、マカロニサラダかな?昔たべたなあ、とこの辺で気づきました。

マカロニチーズクリームパスタで残ったコーンと、ハムと半熟ゆで卵を加えてマヨネーズで和えてみました。

味はとてもいいのですが、やはり、このマカロニの柔らかい食感が美味しくもなく、不味くもなく。こんなもんか、と納得して、今後作ることはないだろうな、と思いました。家族は喜んで食べていました。

マカロニグラタン エシャロット・ホタテ・キノコ入り

マカロニといえば、やっぱりマカロニグラタンかな、と思ってようやく作ってみる気がおきました(普通最初ですよね)。

ホワイトソースが面倒くさそうでなかなか着手できずにいました。結論から言いますと、これがとっても美味しかったのです!

マカロニ以外の具として、冷凍庫で眠っていたpicardの冷凍ホタテと冷凍シャンピニオン、何週間も前にラクレットをした時に買ったエシャロットの残りを入れました。

もちろん、ホワイトソースは豆乳ベース。バターは、数週間前に買っていた高級バターのbordier(有塩)。ノルマンディー地方のバターでとても芳醇です。そろそろ使ってしまいたかったので、もったいないですがホワイトソースに使いました。

グラタン用のチーズは買い置きがない(そもそも普段グラタンをしないので買う習慣がない)ので、いつものようにパルメザンチーズを削って使いました。

ホワイトソースも美味しいし、パルメザンチーズの香りも良いし、何よりも、クタックタに火の通ったマカロニがまったりとしたホワイトソースにとてもよく合うのです。

ホタテも良い味をだしていました。

改善点としては、ホワイトソースが少し少なかったことです。倍量にしても良さそうだと思いました。

マカロニグラタン エシャロット・ホタテ・キノコ・ズッキーニ・patate douce入り

中途半端に残っていたマカロニで、もう一回マカロニグラタンを作ってみました。本当は、もう捨てようと思っていたのです。

でも、他の食材でかさを増せば1食分になるかも!?と思い直しました。冷蔵庫にあった残り食材のエシャロットに加え、今回はズッキーニとpatate douceも投入。patate douceは、数日前に蒸しパンを作った時の余りです。早く使ってしまいたいと思っていました。

ついでに、冷凍庫にあったホタテとシャンピニオンも投入。余った食材を総動員したごった煮的なグラタンです。

前回の反省を生かして、ホワイトソースは前回よりも多めに作りました。

これもまたとても美味しかったです。とくに、patate douceが甘くてホクホクしていて子供が大喜びでした。

あわせて読みたい
フランスで今バターが品切れになっている4つの理由とは?bordierとéchiréはバターの中でも別格だよね
フランスで今バターが品切れになっている4つの理由とは?bordierとéchiréはバターの中でも別格だよね Bonjour à tous! 渋柿です。 噂には聞いていましたが、昨日の夕方、近所のスーパーまで買い物に行った時にふと乳製品売場の棚に目をやると、ごっそり商品が...

まとめ マカロニは王道のマカロニグラタンが正解。

マカロニの穴って、何のためにあるのかというと、あの穴の中にソースを行き渡せて、柔らかい食感でもって食べる、ということにあるということを発見しました。ホワイトソースのようなねっとり系ののソースととてもよく合います。ちなみに、このマカロニはdemi-complet(五分づき)です。

また、グラタンの具は何でも良さそうだと言うことがわかりました。

最初は、1袋ごと誰かにあげるか、賞味期限をはるかに超えたら捨ててしまおうかと思っていたのです。でも、こんなに美味しいものを作れるということがわかって、無駄にしなくてよかった。

この料理すべてで、材料費1000円もかかっていません。

マカロニ以外にも気がかりだった食材を消費することができて、メンタルにも良いし、節約にもなったし、言うことありません!

A bientôt!

↓素敵なブログがたくさんあります。こちらからどうぞ。

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる