アジャクシオのマルシェは、大型客船が入港している日は活気があります

大型客船

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

アジャクシオの場外市場(マルシェ)はショボい!って書いてある記事を目にしていたので、期待はしていませんでした。確かに人がまばらで、お店も少ない。しかし、大型客船が入港し、クルーズ客が街に繰り出す日の午前中は、マルシェが活気付いています。お店の数も多くなるし、お客さんも多いです。

 

そして、マルシェのすぐ脇から出発する観光用プチトレインも、いつもは開店休業状態ですが、フル稼働していました。確か、3台が満員のお客さんを乗せて市内をぐるぐる回っていました。ちょうど、海っ端のレストランで食事をしている時に、その様子がよく見えました。

https://nichi-nichi-france.com/ajacciorestaurant/

 

大型クルーズ船のお客さんや、船の乗組員がマルシェで買い物中に、私も偶然マルシェに買い物に行きました。大型クルーズ船っていうのは、ものすごくでっかい!まるで、動くマンションですね!

 

生ハムやチーズを買いに行くと、かならず「お土産に(真空)パックする?」と聞かれます。どうやら、どのお店にも真空パックにする機械があるらしいです。それほど、観光客向けということでしょうか。

アジャクシオのマルシェ

私は、その晩に部屋で食べる予定だったので「今夜食べるから結構です。アジャクシオに滞在しているんです。」と答えると、ハム屋のお兄ちゃんが「船のお客さんじゃないんだ〜どこから来たの?仕事どう?」などと、しばしの間世話話になりました。

 

このお店では、ハム三種とブロッチュ(羊のフレッシュチーズ)を購入。お店のお兄ちゃんが、「このハム二種はオマケね!」と、オマケしてくれました。ラッキー。

 

他のお店では、イチゴやキュウリ、お昼ご飯用に、中に玉ねぎやブレットが入っているパイっぽい揚げ物(名前聞いたけど忘れました)などを買って帰りました。

 

そして、この日の夜は、買ってきたものを並べただけの簡単なもので済ませました。でも、立派でしょ!?コルシカのビールpietraピエトラを飲みながらツマミました。

ピエトラ

 

コルシカの豚肉加工品は、力強い味わいですが、臭みがなくってとても美味しいですね。気に入りました。

 

アジャクシオにいて気付いたのですが、大型客船が入港するのは珍しいことではなくて、このシーズンは(4月下旬)ほぼ毎日入港しているようです。

 

2隻入港した日は、1隻目は着岸していましたが、2隻目は、沖合に停泊したままでした。違う会社のクルーズ船です。そして、翌日の夕刻、汽笛を鳴らしながら2隻並んで出航しました。甲板の大型スクリーンで映画鑑賞しながらの出航でしたよ。これもまた楽しそうですね。

 

大型客船

 

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

フランスの公立学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。