ミラノの朝食 カフェで美味しいクロワッサンとカプチーノを

ミラノのクロワッサン

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

フランスで美味しいパンを食べ慣れていると、イタリアに行くと急激にパンがまずくなってびっくりします。パサッパサで塩っけが足りなさすぎるように思います。イタリアンスイーツも見た目はいいのだけど、ただ甘いばかりで垢抜けません。だから、特に食べたいとも思いません。ティラミスは美味しいと思いますけどね。隣の国なのに、なんでこんなに違うんだろう?って、イタリアに行くたびに思います。

 

反対に、イタリアに行くと、突然コーヒーがおいしくなります。だいたいどこでも美味しいコーヒーにありつけます。だから、フランスのコーヒーって、なんてまずいんだろう?って毎回思います。隣の国なのに。

 

コーヒーだけでなく、ミラノでは美味しいクロワッサンにありつけました。ミラノのクロワッサンは、フランスのクロワッサンより少し小ぶりで、中に何かが入っていて、表面には粉糖やプラリネみたいなものが振られています。甘さたっぷりです。中には、チョコレートやクリームが入っています。

 

たとえば、こちらのジェラード屋兼カフェ gelateria chocolat milano で朝食をとったときのこと。チョコレートはもちろん、甘いケーキやパン類が綺麗に並べられていました。ジェラードで有名なお店のようですが、早朝だったのでジェラードはまだ販売になっていませんでした。昼過ぎにはジェラードを求めてたくさんの人が出入りしていました。

 

http://www.chocolatmilano.it/

Via Giovanni Boccaccio 9, 20123 Milan, Italy

 

クロワッサンは何種類かありました。私が選んだのは、中にチョコレートが入っているもの。生地がサクサクしていて、チョコレートがトロッとしていて、とても美味しかったですよ。イタリアなので、コーヒーが美味しかったのはいうまでもありません。カプチーノ1、5ユーロとクロワッサン1つ1ユーロ。合計2、5ユーロで、美味しい朝ごはんを楽しみました。

 

物価の高いミラノにあってこれは衝撃的価格です。きっと、地元のミラノっ子が普通に食べる朝ごはんだから、このくらいの値段設定なのかもしれません。

 

子供は、店内のチョコレートをおまけに一つサービスしてもらって喜んでいました。こういうカフェが我が家の近くにもあれば、毎日利用するのになあ。ミラノ、いいところだったな、と思い出しました。

 

余談ですけど、ミラノのクロワッサンって、蟹の形をしていると思いませんか?ミラノ滞在中から、クロワッサンを目にするたびに「カニっぽ〜い!」って思っていました。今でも、我が家では「ミラノのクロワッサンってカニの形してたよね!」と時々話題になります。

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

フランスの公立学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。