早朝のsalon de théにて。子供がすぐに大きくなっちゃうのは日本もフランスも同じなのか〜としみじみした件

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

今日は日曜日。一週間が早いですね。渋柿家はいつも通り、一歩も外に出ない日曜日を過ごしておりますが、皆さんはどんな日曜日をお過ごしでしょうか。秋休みの前なので、結構疲れが溜まってきませんか!?

日曜日

フランスに移住した家族はどんな日曜日を過ごしているの?

2017年10月1日

 

金曜日の朝、子供を学校まで送り届けた後、なんか疲れたな〜、ゆっくり香りのいいお茶でも飲みたいわ、と思ったので、salon de théに寄って一人お茶していました。

 

そのsalon de théは、たまに利用している場所です。この前も、おやつどきに子供と一緒に行ってきたばかり。早朝は、近所のムッシューたちの社交場のようになっています。昨日も、次々と待ち合わせをしたわけでもないだろうけど「やー、おはよう!」みたいな感じでムッシューたちが集まってきていました。

 

ムッシューたちは日常の他愛のないことをペラペラと喋って楽しんでいます。「この前、携帯をなくしてねぇ、、、」なんていう話です。そのムッシューたちが、店員さんをはじめ、ケーキを買いに入ってくるお客さんにも次々と声をかけるのです。「あれ?もうあの研修生こないの?」とか店員さんに聞いています。たぶん、皆常連さん。

 

ある上品なマダムが誕生日ケーキを受け取りに来ているのを見つけたムッシューが「あれ?今日誕生日なの?」と声をかけています。マダムは、

 

「私じゃなくて、娘の誕生日なのよ。30歳。私の赤ちゃんがもう30歳よ!!!」と、とーっても嬉しそうに答えていました。

 

ああ、このマダムにとっては、30歳の娘さんはこの前赤ちゃんだったんだろうな。私が最近、自分の子供がもう小学3年生か〜!早いなあ!と思うのと同様、30年もあっという間で、それって世界共通なのだろうな、と、朝からしみじみしてしまいました。毎日の送り迎えは大変なのですが、これも後数年でおわることなのです。食事の支度も、永遠に続くことではありません。なんだか、嬉しいやら寂しいやら。

 

子供の30歳の誕生日を祝うだなんて、自分が健康で生きながらえていて、かつ、親子関係が良くないと不可能ですから。あのマダムの笑顔の表情をみると、きっと良い親子関係を築いてきたのだろうなあと感じました。うらやましい。綺麗に年を取りたいものです。

 

良い日曜をお過ごしください。

 

▼子供がすぐに大きくなるのも世界共通だけど、人様の善意も世界共通ですね。

感謝

フランス人の友達に感謝!!善意は世界共通

2017年1月4日

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。