フランス世界遺産の旅「サン=テミリオン地域」Saint-Émilion

Saint-Émilion

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

サン=テミリオン Saint-Émilion を訪れました。

 

 

サン=テミリオンはボルドーの北東35kmに位置します。

 

1999年に、周辺の7つのコミューンの景観とともに「サン=テミリオン地域」としてユネスコの世界遺産に登録されました。

 

町だけでなく、その周りの葡萄畑を含めて世界遺産として登録されました。葡萄畑という農地が登録されたのはSaint-Émilionが初めてです。サン=テミリオンの名は、ベネディクト会の修道士、聖エミリオに因んでいます。

 

サン=テミリオンの歴史は古く、先史時代にさかのぼります。紀元2世紀になると、古代ローマ帝国によってこの地にブドウが植えられました。そして、8世紀頃に修行僧聖エミリオンがここに洞窟を掘り生活しだしたのがこの町の始まりと言われています。

 

中世になると、中世に盛んになったサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の途上に立ち寄った旅人たちの間で評判となりました。つまり、サン=テミリオン市はそれ自体が世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の途上にあるということです。

 

ヴェズレー

 

世界遺産「サン=テミリオン地域」

高台からの眺めが抜群!

 

まず、この建物の裏手の駐車場に車を止めました。空いててラッキー。

Saint-Émilion

まー、見晴らしの良いこと!

Saint-Émilion

ドルドーニュ渓谷まで見渡せます。

Saint-Émilion

 

Saint-Émilion

4月だったので、綺麗に花が咲いていました。

Saint-Émilion

観光地ではお決まりの petit train

子連れでなるべく疲労せずに効率良く見て回るなら、プチトランに乗るのがオススメです。ちょうどこれから出発の電車があったので、乗ってみました。

Saint-Émilion

こんなのどかな風景の中を走ります。

Saint-Émilion

下はドミニコ教会壁跡。14世紀、百年戦争のときに当時存在していたドミニコ会派教会が破壊された跡だそうです。

Saint-Émilion

 

観光ワイナリーで下車

私たちは、途中の観光ワイナリーで下車しました。ちょうど見学が終わる頃に、次のpetit trainがやってきます。

もちろん、途中でワイナリーに立ち寄らないで、乗っているpetit trainのまま終点に向かうプランも選べます。

Saint-Émilion

 

Saint-Émilion

 

Saint-Émilion

 

ワイナリーから出るとこんな晴天。購入する必要はありません。

Saint-Émilion

 

観光ワイナリーからプチトランに再度乗って、もうすぐ終点です。

Saint-Émilion

コレジアル教会 Collégiale de Saint Emilion

入口から主祭壇に向かう中央通路のうちの翼廊に至るまでの部分(身廊)は、12世紀にロマネスク様式で建築されました。長さ79メートルの身廊の奥にステンドグラスが見えます。内陣は、16世紀にゴシック様式で建てられました。

Saint-Émilion

回廊は14世紀に造られました。

Saint-Émilion

 

Saint-Émilion

 

中心街の様子

狭い路地の両端に、レストランやワインショップなどが並びます。落書きや犬のうんこがなく、小さくとても綺麗な街です。

Saint-Émilion

 

まとめ 「ここもかよ!」

 

「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」だなんて、フランスに来る前は聞いたことありませんでした。フランスやスペインの観光スポットは、この巡礼路上にある巡礼地が多いです。

 

キリスト教徒でもなく、信仰深くもなく、四国の霊場にすらほとんど行ったことがないのに、フランスに住んでいるとサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼地とは知らずにその観光地を訪れてしまいます。ヴェズレーもそうでした。

ヴェズレー

「ヴェズレーVézeleyの教会と丘」サント=マドレーヌ大聖堂 ※写真説明を追加した完全版

2017年1月15日

 

こんなことが何度も続くと、最近では「またかよ!」「ここもかよ!」なんて思ったり 笑。キリスト教って偉大だな、巡礼路を作って、巨大な教会をポンポン作って、巡礼地には後世までこんな風に観光でお金落としてもらえるようにインフラ整備するなんて!なーんて感じてしまいます 笑。ごめんなさいね、冷めていて。まあ、宗教ってそういうものでしょう。

 

Saint-Émilionは、とても小さく、落ち着いた街でした。私たちが訪れたのは4月。葡萄の木がちょん切られていて葉っぱが無い状態でした。それでも、お天気だったので広々とした田舎の風景は気分良かったですよ。葡萄畑を満喫したい場合は、秋が断然オススメです。

グランクリュ街道

秋のコートドール côte d’or 黄金の丘は最高に美しい!グランクリュ街道をドライブしたよ

2017年10月20日

 

A bientôt!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。