フランスの水のせいで頭皮にトラブル発生 シャンプーはどれがよい?

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

フランスの水は日本に比べると硬いから、毎日洗っていると髪の毛がバサッバサになる、とよく聞きます。私の場合、最初は特に何の問題もなかったのですが、なぜか2年目から頭皮にトラブルを抱えるようになりました。

 

最初に使っていたのは、日本でも売っている「パンテーン」のシャンプーとリンス。これで何の問題もなかったのですが、近所のお店で見かけなくなったので、ロレアルのリンスインシャンプーを使い始めた頃から、妙に髪がべとつくようになりました。

 

追記 2017年4月9日〜

その後、シェリーがべとつくと言うようになったので、KLORANEに替えました。

klorane

頭皮トラブル対策のシャンプーKLORANE Shampooing à la pivoine

2017年4月4日

 

その後、同リンスが登場したので、ライン使いするようになりました。

フランスの水による頭皮トラブルにはKLORANE PIVOINE リンスとかゆみ止めスプレー登場

2017年6月11日

 

LE PETIT MARSEILLAIS と BIODERMA

LE PETIT MARSEILLE Purifiant aux extraits d’Ortie et de Citron

 

シリコンがいけないのか?と思い、LE PETIT MARSEILLAISを試してみることにしました。フランスではどこにでも売っているマルセイユ石鹸のシリーズです。夏だったので、爽やかなレモンの香りを選びました。

シャンプー

これで髪の毛パッサパサ

 

この脱脂力がすごくて、髪の毛がパッサパサになり、どうにもまとまらなくなりました。なるほど、dégraissant viteと書いてある通りです。髪の毛の脂分を全部一気に落としてしまいたい!という程汚れている時には、これは重宝すると思います。

 

その後、日本に一時帰国しました。日本のお風呂で一回シャンプーをしただけで、髪の毛がサラッサラの元どおりに戻りました。日本にいる間は、とくに髪にトラブルがありませんでした。

 

しかし、フランスに戻ると、また髪の毛がすぐにべとつくようになりました。毎日洗うのがいけないのかと思い、2、3日に一回洗うことにしました。パサッパサにはなりませんが、すぐにべとつきます。そして、フケまで出るようになってきました。シャンプーもいろいろと試しました。スーパーで売っているものから、日本で買ってきたものや、高級なロクシタンのシャンプーまでいろいろと。どれもしっくりきません。すぐにべとつきます。ロクシタンのシャンプーは、香りがよく、サラッサラになるのですが、やっぱりすぐにべたつきます。

 

洗い流すのが足りないのかと思って、念入りに洗い流しても、すぐにべとつきます。とにかくべとつく。

 

BIODERMA Antipelliculaire intense

 

そして、試したのが、フケ対策用のシャンプー。自分がこういうのを使うようになるとは思いませんでした。使ったことのある人が、「余計なものが入っていないせいか、洗い終わった後、すごい清涼感があってスッキリする」と言っていたからです。

これで頭皮スッキリ

 

近所の薬局で購入しました。週1回程度使ってくださいとのこと。最初に使った時には、髪がべとついていたせいか、ちっとも泡立ちませんでした。全然洗えていない感じがしたので、もう一回洗ってみると、ちゃんと泡立ちます。そして、洗い上がりはスッキリ。5分間置いたあとに、洗い流してください、と書いてあります。

※楽天では現在取扱店がないようです

 

LE PETIT MARSEILLE Nutrition intense aux 2 huiles

 

そして、その頃、近所のスーパーでLE PETIT MARSEILLAISのシャンプーの特売をやっていたので、これを買ってみました。レモンの香りので懲りたはずなのですが、こちらはオイルが入っていてパサパサを防いでくれそうです。この茶色のパッケージが地味なせいか、大量に売れ残っていました。

シアバターとアルガンオイル配合

シアバターとアルガンオイル配合で潤う

 

使ってみると、地味な香り。でも、洗い上がりはなかなか潤います。1日後、困ったベトベト感もでてきません。そして、リンスしなくても髪がまとまるところが気に入りました。

 

まとめ

 

LE PETIT MARSEILLEの茶色ボトルと、BIODERMAの週一回のフケ対策用シャンプーで、ようやく快適頭皮を取り戻しました

 

LE PETIT MARSEILLAISのシャンプーは種類が豊富。しかし、洗い上がりはかなり異なりますから、匂いにつられずに、目的に応じたものを選ぶとよいでしょう。合うものが見つかれば、安いし、どこにでも売っているし重宝します。

A bientôt!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。