フランスでは今日から冬のバーゲンsoldeが始まります!今日は子供靴屋へ

solde

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

今日から冬のsoldeですね。フランスでは、バーゲンが一斉に始まります。

フランスに来た最初の数年間は、毎年夏と冬のsoldeになると、日本ではデパートブランドになっているPetit bateauやJacadiやCatiminiなどの子供服が、いきなり50パーセント引きになったりするのに驚いて、あれやこれや買い込んでいました。日本の友達や親戚に送ったりもしました。

しかし、今では子供の成長が緩やかになってきたので、毎年服を買い換える必要がなくなってきました。

また、お下がりをいただいたりすることもあるので、以前に比べればsoldeで気合を入れて買い込むということはなくなりました。

今回のバーゲンでは、子供用のパジャマと靴を購入したいと思っています。

が、パジャマはもう先週購入してきましたよ。

 

お得意様はvente privéeで先行購入!

最初の数年間のことですが、プチバトーで子供用の下着を購入したいと思っていました。しかし、毎年、バーゲン初日にお店に行っても、欲しいサイズが軒並み売り切れになっています。

何年目かで気づいたのですが、お客様カードを持っている人は、年末あたりからsolde開始日前まで、優先的にバーゲン価格で購入できるのです。これをvente privéeといいます。

お店によっては、お店に入ってみないとvente privéeをやっていることがわからない店もあります。割引率も、店員さんに聞いてみないとわからなかったり、割引の印がまだ全ての札にはついていない場合もあります。

私は、お店のカードが増えるのが嫌で、普段からカードを作らない派だったので気づきませんでした。このことに気づいてからは、自分が買い物をする店舗ではカードを作るようにしました。

カードを作るには、自宅住所を教えたり、メールマガジンが届いたりして面倒ですが、作っておくと、vente privéeのお知らせが送られてきます。これを見て、あっ、そうだ!と思い出すわけです。

実際に、プチバトーで下着を買いにvente privéeの時期に行ってみると、選ぶ余地があるほどまだ商品がありました。

今年は、パジャマが痛んできたので、1着買い足しました。

子供の下着とパジャマは、プチバトーでばかり買っています。肌触りが良いのと、何度洗濯しても丈夫なのが気に入っています。

 

子供靴は高いからsoldeで!

フランスで子供靴を買おうとすると、80ユーロとか100ユーロするのでとても高いです。革製品で、作りがしっかりしているから仕方ないと思います。

もちろん、スポーツ用品店などでは、ビニール製の5ユーロくらいからの安物を売っている店もありますよ。

この冬は靴は買わない予定でしたが、先日、日本で購入した1足がボロッボロになってしまって、他に履ける靴が1足しかないので、購入することにしました。

日本では、子供靴をフランスよりは安く購入できますが、靴底が薄いし、ビニール製で柔らかく、ボロッボロになるのがとても早いですね。

フランスでは、学校でも一日中靴を履きっぱなしですから、良いものの方が子供の足にとって良いと思います。

特に、通気性と踵の硬さは重要かな、と思います。ビニール製だと蒸れるから、革製を日替わりで履くのが理想ではありますが、汚すこともあるので難しいです。ビニール製の安物も取り入れて履き回します。

それにしても高いなあ。soldeじゃないと、おいそれと買えませんね。

というわけで、今日は、朝一番で靴屋に行ってきます!

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。