コルシカ名物 PIETRAビールもいいけどクッキーが一番だったかも

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

 

コルシカ島を訪れたのは数ヶ月前のことなのですけど、たまーに食べたくなるのです。コルシカ島名物のクッキー。その他、いろいろと美味しいものがあったなあ!と思い出したので、一気にまとめてご紹介します。

 

コルシカ島クッキー

 

どこにでも売っています。スーパーでも、お土産屋でも。最初に買ったのはアジャクシオ市内のスーパーsparにて。味の種類が豊富で何を買ったら良いか迷います。たまたまかったレーズン味が大ヒット!

 

クルーズ船の中でお腹が空いたので食べてみると、「あれ?美味しいじゃないの!」とびっくり。ゴロッとした外観なので、モサモサするのかな?と思いきや、以外と軽くて香ばしい。持って行ったコルシカの炭酸水OREZZAで喉に流し込むと、思わず止まらなくなる美味しさでした。

 

その後、アジャクシオ市内のパン屋さんでも何度か購入しました。

Boulangerie Galeani

コルシカ名物クッキーBoulangerie Galeaniは、観光案内所の裏手にあるパン屋さん。

 

アジャクシオでは古くからやっているパン屋さんらしいのですが、意外とモダンな外装です。

 

 

 

このパン屋さんでは、コルシカクッキーを量り売りしています。レジで袋をもらって自分で好きな分だけ袋に入れます。クミンやレモン、チョコレートなど、様々な味がありました。私の好みは、レーズンとかアーモンドなど、生地自体にあまり味の付いていないもの。素朴で香ばしくて美味しい。

 

 

また、このパン屋さんでは、このような野菜のキッシュや、ブロッチュ入りのベニエ(一口ドーナツのようなもの。写真なし)など売っています。

 

午前中に買っておくと、町歩きやクルーズに行くとき、夕方お腹が空いたときに重宝しますよ。

 

 

海辺のレストランでも、帰りがけのお土産にクッキーをいただきました。

 

コルシカのロゼワイン LECCIA

 

コルシカはロゼワインの生産が盛んだそうで、チョイスが豊富です。こちらはスーパーのワインコーナーで見つけたもの。普段はロゼワインなんて飲まないのですけど(美味しいと思ったことがないのです)、キンキンに冷やしたこちらのLECCIAは美味しい。すっきりしていてとても気候に合う!!

 

leccia

 

コルシカではロゼワインに氷を入れて飲むことがあるらしいです。レストランで、「氷入れますか?」って聞かれましたから。

 

羊のフレッシュチーズ ブロッチュ BROCCIU

 

ブロッチュ

 

羊のミルクで作ったフレッシュなチーズ。名前は聞いたことがあったけれど、初めて食べました。こちらはマルシェで購入したものです。結構大きい。9ユーロくらいだったかな?

 

カッテージチーズのような食感を想像していたのだけど、どっしり濃厚、且つかなり重め。コルシカ名物ブロッチュのタルトに使われているチーズです。

ブロッチュのタルト

 

ブロッチュのタルトは、外側のビスケット生地にこのブロッチュに砂糖を混ぜ込んで焼いてレモン汁をかけただけで簡単に完成しそう。そのくらい、タルトに向いているチーズです。

 

レモンとグレープフルーツの中間のような柑橘類 CEDRAT

 

このセドラという柑橘類、ジャムの形でたまに見かけるたびに、「なんだろう?」って思っていました。コルシカで採れるそうで、お店の人が言うには、レモンとグレープフルーツの中間だそうです。

 

cedrat

味は、レモンほど酸っぱくなく、グレープフルーツより青っぽくない。ちょっとぼんやりしているというか、結構穏やかな風味です。ブロッチュと一緒に食べてみました。

でも、ブロッチュチーズはかなり濃いので、一度に全部食べるのはムリ!フロマージュブランみたいに食べられるかと思ったのだけれど、全然違った〜。

 

CEDRAのぼんやりした爽やかな風味が、ブロッチュに負けてしまいました。合わないわけではないですが、うーん微妙。

 

コルシカの炭酸水 OREZZA

orezza

 

このOREZZA、スーパーで購入して毎日飲んでいました。ミニボトルがお洒落で、携帯にも便利。

 

泡はやや強めで私好み。とても気に入りました。

 

でも、フランス本土のうちの近所では売っていないんですよ。残念。

 

 

 

 

 

栗の粉入りビール PIERTA とミネラルウォーター St GEORGES

 

pietra st george

 

コルシカでは水道水を飲めますが、ミネラルウォーターを買っておくと何かと便利。

 

コルシカのミネラルウォーターのSt GEORGESはマイルドな口当たり。これもOREZZA同様、うちの近所のスーパーでは見かけないのです。

 

PIERTAは適度なコクがあって非常に美味しい!ベルギービールみたいな深いコクとは違って、爽やかさもあるけど軽すぎない、絶妙な感じがとても気に入りました。

 

ハム類

フランスですからハムなんてスーパーでも売っていますけど、コルシカではコルシカのハムを肉屋かマルシェで切りたてを買ってみて。力強い味わいだけど、臭くない。

 

とても気に入りました。マルシェでは切って真空パックに入れてあるものも売っていますから、お土産にもいいかも。

 

まとめ

 

フランス人にとってのコルシカは、日本人にとっての沖縄のような場所のようです。同じ国なのに気候や風土や食べ物が違ってエキゾチック。流れる時間もゆったり。

 

フランス人に「コルシカ島に行くんだ〜!」というと「いいねえ!コルシカ島はいいところだよ!」と言って、嬉しそうにオススメを教えてくれます。

 

フランス本土ではあまり見られないこれらの名物。本当に美味しかった!青い空と青い海にとても合います。食文化って気候風土に合わせて発展するっていうけど、こういうことなんだろうなと感じました。

 

フランスには飽きてきたわ!って言う方も是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

A bientôt!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

日日家庭の妻。フランスの公立小学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年。投資歴10年。音楽歴は30年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。