日本未発売のstarbucksコーヒーカプセル 実店舗やHPにはスーパーにない種類が売られている

Bonjour à tous! 渋柿です。

昨日、ものすごく久しぶりにスタバに入りました。いつも家でスタバのコーヒーカプセルを使ってスタバ味のコーヒーを飲んでいるので、実店舗には滅多に入ることがありません。

電車の乗り継ぎで時間があり、どうしてもコーヒーを飲みたくなったのです。目の前にスタバがあったので入ってみました。値段表をみて引き返そうと思ったのだけど、時間がないしもういいや、って。

カプチーノの小petitサイズで4.20ユーロ!!!! 高っ!!

でも、笑顔でサーヴしてもらい、気分よく利用できました。「気分良し料金」が入っていると思えばいいのかしら。

スタバのコーヒーを飲んだのは、実に1年ぶりくらいではないでしょうか。味は、いつも飲みなれているコーヒーカプセルに、暖かいホイップミルクを入れたのと同等の味でしたよ。

やっぱり、スタバはコーヒーカプセルで十分だわ。そもそもそんなに美味しいものでもないしね。香り嗅いでリラックスできたらそれで良し!

せっかく実店舗に入ってみたのだから、お店を出る間際に、スーパーで売っているコーヒーカプセル以外の種類が売られているかどうか見てみました。

目次

スタバ実店舗で見つけたコーヒーカプセル2種類

スーパーで売っているコーヒーカプセルは、こちらの記事で紹介しました。コロンビア、ケニア、エスプレッソ、グアテマラの4種類あります。うちの近所のスーパーでは10個入りで3.40ユーロです。

実店舗には2種類ありました。

まずは、上の写真で左から2番目のハウスブレンド・ロングhouse blend longoです。豆は南米産。バランスが取れており、コクがあり且つ繊細な味わいだそうです。

そして、上の写真には写っていませんがカフェイン無しのエスプレッソdecaf espressoです。豆は、南米産、アフリカ産、東南アジア産のブレンドだそうです。

値段については、急いでいたのでうっかりチェックするのを忘れました。ネット通販が参考になると思います。

スタバフランスのHPで見つけた2種類

家に帰ってからスタバフランスのHPを見てみると、実店舗にもスーパーにも置いていない2種類のカプセルを見つけました。

まずは、上の写真の一番左のヴェランダブレンドveranda blendです。南アメリカ産の豆とアフリカ産のコーヒーをブレンドしているそうです。しかし、HPではもう普通の豆しか売っていないようです。期間限定だったのかしら?

もう一つは、blonde espresso roast。豆は、南米産、アフリカ産、東南アジア産のブレンドだそうです。焙煎時間が短めで、より軽い味わいだそうです。

ネット通販での値段は?

スーパーで売っているコロンビアやケニヤ、エスプレッソ、グアテマラの4種類に関してはスーパーより少し高いです。ネット通販では20個で7.90ユーロだから、1箱3.95ユーロ。スーパーでは1箱3.40ユーロでした。

ネスプレッソマシーンでも使えるのは、言わずもがなです。

まとめ

やはり、コーヒーカプセルで十分です。スタバのカプチーノ小サイズに500円近くも出すのは、惜しいです!フランス価格ではありえない値段ですから 笑。

最近は、日本でも並行輸入品が販売されているようです。気になる方はお試しを。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。子供が中学に入り、教育移住もひと段落。日本人家族の目線でフランス海外移住や教育について情報発信してます。整理収納アドバイザー2級、ライフオーガナイザー2級認定。

目次
閉じる