コロナとの付き合い方

Bonjour à tous! 渋柿です。

すっかりバカンスモードのフランスです。

2ヶ月もあるバカンスをどうやって過ごそうか!?と最初は悩みましたが、あっという間に何数間も経ってしまいました。

フランスでもコロナ第二波が懸念されています。しかし、地域によっては、最大限の予防策を講じた上でイベントを敢行しています。

冬になったらまた外出自粛が始まるかもしれないから、今は夏休みを楽しんでおこうかな、という雰囲気です。子供は、子供向けのイベントに参加させたりしながら、夏休みを過ごしています。

一応の警戒心があるので、あまり人との交流はありませんが、会おうと思えば会えます。私はたまに友達とお茶もします。

気分的には、ただの夏休み。でも、頭の片隅には警戒心を忘れないようにしなきゃ、と思いつつ、家にいるときには忘れがち、という状況です。買ってきた食品の消毒は今はやっていません。

外出するときには、うっかりマスクを忘れないようにします。建物内に入るときには、マスクが義務になっていますから。外を歩くだけなら、マスクをする必要はありません。

そして、外出から帰ったら手洗いうがいを必ずします。そしてまた、家にいるときにはコロナのことを忘れます。

涼しい午前中や、まだ明るい夜8時ごろ、散歩に出かけることもあります。たまに友達に会う以外はほとんど家にいて、ぼーっとしたり、やりたいと思っていたけれどなかなかできなかった片付けや整理に勤しんでいます。先日は、大掃除もしました。

8月後半には、フランス国内旅行に行って来ようかと思っています。

目次

まとめ 今くらいリラックスしないとね

3月から5月にかけての緊張感は何処へやら!?といった感じの夏休み。

冬になったら、明らかな第二波、第三波がくるかもしれませんから、今はのんびりとコロナのことに必要以上に気を使わずにバカンスを楽しんでおかなければ、秋以降に気持ちが持たなくなるかもしれませんから。

A bientôt!

この記事を書いた人

日本人一家でフランスに教育移住して10年近く。9月から念願の学生に。子供はコンセルヴァトワールで音楽をやりながらクワトロリンガルを目指す中学生。

目次
閉じる