「ヴェズレーVézeleyの教会と丘」サント=マドレーヌ大聖堂 ※写真説明を追加した完全版

ヴェズレー

 

Bonjour à tous! 渋柿です。

紅葉の美しい季節に、ヴェズレー Vézeley を訪れました。

世界遺産「丘とサント=マドレーヌ大聖堂」

スペインへの巡礼路の始点の一つ

街の中心にある丘とサント=マドレーヌ大聖堂 Basilique Sainte-Madelaine は、1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。ヴェズレーは、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の始点の一つにもなっています。巡礼路のうちスペイン国内の路は、1933年に「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」としてユネスコの世界遺産に登録されました。四国のお遍路みたいなものでしょうか。紀伊山地の霊場と参詣道と並び、世界でも珍しい道の世界遺産としても知られているそうです。

ヴェズレー

街中の駐車場

 

私たちが訪れた日は、紅葉真っ盛りの10月下旬。天候は曇り時々晴れ。ヴェズレーに一番近い高速出口から、田舎道をひた走ると、ヴェズレーの丘と街が見えてきます。途中、何の産業もなさそうな、古くて、見捨てられる寸前といった様子のとてもちっちゃな集落を一つ二つ通り過ぎました。

ヴェズレーの街に入って少し坂を上がって左手に、公営駐車場がありました。紅葉がとっても綺麗。ここからサント=マドレーヌ大聖堂 Basilique Sainte-Madelaineまで徒歩で行くことができます。約15分くらいだったかな。

ヴェズレー

 

参道を歩く

公営駐車場とは反対側に、大聖堂に続く参道が伸びています。素朴な雰囲気の坂道です。途中、可愛らしいお店もありましたが、営業しているのかどうかわからないほどひっそりしていました。

この坂を歩いていると、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの道しるべである帆立貝の印が埋め込まれているのを目にします。

ヴェズレー ヴェズレー

聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼地といえば、ワインで有名なサン=テミリオンもそうです。

Saint-Émilion

フランス世界遺産の旅「サン=テミリオン地域」Saint-Émilion

2017年2月26日

 

ロマネスク彫刻の傑作

さて、坂道を登ってサント=マドレーヌ大聖堂 Basilique Sainte-Madelaineに到着しました。

大聖堂の内部の正面扉上のティンパヌム(玄関の頭上部分で、アーチと梁に囲まれた場所)は、ロマネスク彫刻の傑作として知られているそうです。美術様式としてのロマネスクとは、ゴシック建築(歴史区分としては1150年頃から1500年頃)に先行する10世紀から12世紀の中世建築様式を指すそうです。

ヴェズレー

言われてみれば確かに、サント=マドレーヌ大聖堂はヨーロッパで良く見かけるゴシック建築よりはひと昔古そうな風格でした。

大聖堂の内部は、天井が高く、素晴らしいものでした。オルガンを弾いている人がいましたが、早弾きでしょっちゅう間違えては止まっていました。多分、観光客に聞かせるのではなくて練習していたのかと思います。

ヴェズレー

 

公園でピクニックも

大聖堂の右手に回り込むと、公園があります。秋だったので、紅葉がきれいでした。ベンチがあるので、昼食に持って来たサンドウィッチを食べました。また、公園は丘の端っこなので、下界の綺麗な景色が広がっています。観光客もまばらだったので、静かですし、犬のうんこや落書きがないので、とても落ち着いた雰囲気です。

ヴェズレー ヴェズレー

公園から下界の眺め。晴れていればもっと視界が開けてきれいに見えることでしょう。

 

綺麗な公衆トイレもあります

大聖堂を正面に見て左側に回り込み、まっすぐ歩いて左側に公衆トイレがあります。近代的なトイレで、フランスにしては奇跡的に珍しく綺麗な公衆トイレでした。

 

まとめ

ひっそりとした秋のヴェズレーを堪能して、公営駐車場まで歩いて戻ってきました。

ヴェズレー

私たちが訪れたのは秋。家の壁を覆うツタが真っ赤に紅葉しているのがとても綺麗で印象的でした。小さい街なので、数時間の滞在で見て回れます。ど田舎なので、車での移動が必須と思います。

紅葉の季節は、ブルゴーニュのコートドール(黄金の丘)とセットで見て回るのをお勧めします。

グランクリュ街道

秋のコートドール côte d’or 黄金の丘は最高に美しい!グランクリュ街道をドライブしたよ

2017年10月20日

 

A bientôt!

ABOUTこの記事をかいた人

渋柿

フランスの公立学校に通う子供の母であり夫は日本人。フランスに移住して5年以上。フランス語はアリアンスでC1クラスに入るレベル。国際結婚でも駐在奥様でもない独自の視点で、フランスから海外移住や学校生活など様々な話題を渋くお届けしています。